« 新しいパン屋 | トップページ | 都心のスケート »

2010年1月11日 (月)

新聞と動画

Dscf6917

8日金曜日の朝日新聞朝刊を引っ張りだしてきて、A-CLIPをやってみる。
まあ、娘達にお願いしたら 私のiPhoneをやすやすと使いこなす。
ジョニーディップの映画の予告編を楽しんでました。

朝日新聞東京本社(本社:東京都中央区築地5-3-2)は、新聞広告に掲載された専用の画像パターンを直接認識させることで、iPhoneに動画広 告を配信するサービス「A-CLIP Ver.1.0」を活用した広告を6ページにわたり、1月8日付朝日新聞朝刊に掲載しました。「A-CLIP  Ver.1.0」は、本社が株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー)とクウジット株式会社(本社:東京都港区麻布十番4-1-8 三和第一ビル3F)と共同開発したものです。

  「A-CLIP Ver.1.0」は、画像認識技術を活用したiPhoneアプリケーション「A-CLIP」(エークリップ)を通じ、新聞広告に記載され た特定のマークをiPhoneの内蔵カメラで映すことによって、広告掲載商品、ブランドに関連した映像・音声コンテンツを面倒な操作なく、すぐに楽しむこ とができるサービスです。また、企業サイトやキャンペーンサイトへ直接リンクすることもできます。第1弾として掲載されたフォルクスワーゲン グループ ジャパンの広告ではCM動画が、クラブツーリズムの広告では旅先の風景などの動画が、映画「カールじいさんの空飛ぶ家」「Dr.パルナサスの鏡」の広告で は予告編が見られます。また、紙面展開についてのインフォマーシャルが、テレビ朝日『やじうまプラス』などで放映されました。

将来的には電子クーポンの発行・保存や、iPhoneの位置情報に連動したサービスの提供も予定しており、生活者の行動範囲を限定せずに新聞広告と iPhoneを連動させることを可能にし、クライアントの多様なマーケティングニーズに応えるアプリケーションサービスとなります。
 「A- CLIP」の「A」は、Advance(先進性)、Ad(広告)、Archive(アーカイブ)を意味しており、新聞広告の特性である一覧性・信頼性と、スマートフォンをはじめとするデジタル技術が持つ即時性・双方向性との連携、融合を意味しています。(朝日新聞広告局)

広がるのかなあ。

|

« 新しいパン屋 | トップページ | 都心のスケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/47269750

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞と動画:

« 新しいパン屋 | トップページ | 都心のスケート »