« The Last Farewell | トップページ | くらし観察 »

2010年1月16日 (土)

湯島の白梅

Dscf6960

一本だけ、かなり咲いてました。
湯島の白梅とは泉鏡花のラブロマンスだが、それとは何の縁もない話。

今日は、ちょっとお礼参りに湯島天神へ。
いつものようにまず「うさぎや」でキングオブどら焼きを買い、
参拝後、門前の「鳥つね」で親子丼をいただく。

道すがら娘に昨夜の感動を伝えようとするが、まずは石井さんを知らない。
じゃあ、まずは2月から始まるMO+サイバーアーツジャパンを見に行ってみたら、と薦めた。

昨夜の石井裕さんの講演では、最後に「デザインは、未来まで本質を戦略的に伝えることができる」ということをおしゃっていた。
ニーズにいかに応えるかが今のデザインの主流であっても、それは何かという本質を問い続ければ、デザイナーのその志が哲学になり、その背骨は100年という時空を超えたインパクトのある仕事になるはず、と、AXIS 12月号に載っているコトバに繋がっているとおもった。ビジョンを駆動力とするデザインが求められていると。

デザイナーはビジュアルシンカー(視考者)なんどだからと。

ちょっと、ググっていたら、ジャーナリストである石井さんの奥さんのブログに行き当たり、そこからボストンシンフォニーの日本人オーボエ奏者東大の中原准教授のブログに繋がったり。。。。

ネットですごいなあ、と。

でも  昨夜の講演で石井さんは「ワイヤレスやネットは、絶望的で不信感がいっぱいだ」「セキュリティのしっかりした会社は鎖国状態」「google waveのような予測不能なブラックホールが表れたとき、それをどう考えるか」「「核先制攻撃症候群というソ連VS米の冷戦状態に例えるなら、今それに該当するのは何か!?」と。
Twitterがソーシャルメディアかどうかは私にはまだわからないが、可能性を秘めているのは確か。
今の状況をシェアし、次の戦略を問いながら 小さな未来と思えるものをまずはラピットして実感していく。
それが「ビジョンを駆動力とするデザイン」だな。

そういう姿勢ってロマンティックじゃない。
 

|

« The Last Farewell | トップページ | くらし観察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/47313028

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島の白梅:

« The Last Farewell | トップページ | くらし観察 »