« ブルームーン | トップページ | 新しい季節 »

2010年4月 3日 (土)

さくらから新緑へ

Dscf7790

1日、木曜の夜から強風吹き荒れる春の嵐。
今年の桜は、ほころび始めた途端に寒さに見舞われ、その後は嵐と試練が続いた。
花見を楽しみにしていた人達は、花が散ってしまいはしないかとハラハラしたことだろう。
会社の同僚がTwitterで「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」とつぶやいてハッとしたり。

週末ま同僚達と数人で目黒川の夜桜を愛でながら散策。
軒先や駐車場のスペースを利用して所々屋台がでていたり、バカ騒ぎする集団もなく、老若男女それぞれにそぞろ歩きしながら楽しむ姿がいい。
雪洞の灯りが消えると、実はソメイヨシノの花びらはほとんど白いということがあらためてわかる。

Dscf7802

自宅近くの公園で、上のような場所取りが。。。おいおい。そこまで。
水銀灯の灯りは効率優先で無粋で嫌いだ。
Dscf7805_2

で、今日はその公園で桜まつりが開催されていた。
フリーマーケットやらステージで地元のサークルや小中学生の出し物を眺めながら、小さな子供のいる家族連れや老夫婦などがこれも地元もお店の味を楽しんでいた。
ま、やっと暖かくなったので、桜を肴にピクニックという感じ。
妻と二人で 屋台を覗いて、ランチを仕入れて帰宅。

Dscf7812

欅には、生まれたての柔らかい葉っぱが吹き出していて、風に揺れていた。
春の空はめまぐるしく変わる。
夜にはもう雨。
明日には花びらがたくさん舞うことでしょう。

|

« ブルームーン | トップページ | 新しい季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/47986193

この記事へのトラックバック一覧です: さくらから新緑へ:

« ブルームーン | トップページ | 新しい季節 »