« 八丁堀の穴場 | トップページ | 防災訓練 »

2010年5月29日 (土)

青い食べ物

Dscf9520

自然界に青い食べ物はないそうだ。

外食産業でも食欲減退色の青色を使うことはタブーのはず。
敢えて差別化のために使ったり、涼しさを演出することはあっても、たいてい食欲増進色の暖色系か木目調が中心になるように配色される。そうそう 中華や赤ちょうちんについ誘われちゃうのもそういう効果があるから。
飲料など涼しさ、冷たさの演出のための青なら受け入れて食べられるが、おいしそうとは人間は感じない。ポカリスエットのデザインは業界の常識を破ったことでも有名だが、味を楽しむためではなく今までにない飲料のジャンルを開拓し、ブランド認知させるために成功した希有な例だ。

脳は本能的に青色を毒物と認識して、危険を避けようとするらしい。
快と感じることは人それぞれに違うそうだが、不快と感じることは身の危険を察知する能力として、ほぼ共通なんだそうだ。

だから 青い食品は、実は不味そうに見える。

ここIKEA のレストランで デンマーク国旗と同じカラーとうことで画像のようなロールケーキがあった。通る人、皆同様に「何で着色しているんだろう?」と必ずささやき合っている。
毒々しい人工着色料に違いないと怪しい目で見ている。
どうしても好奇心を抑えられない。
質問が多いのか「人工着色料未使用」の大きな表示が横にある。
青の色素は「クチナシ」とあった。
まんまと罠にはまって、皿をトレイに置いてしまった。

食べてみれば いたって普通な、いや今時の日本のケーキ屋さんではなかなか味わえない、途中で飽きちゃいそうないかにも欧州のスイーツという甘さのロールケーキでした。
たまにこういうの食べたくなる。

|

« 八丁堀の穴場 | トップページ | 防災訓練 »

コメント

こ、この「青」は強烈ですね。。。(^^;

人工着色料未使用とか、そーゆー問題ではない気が。。。(笑)

投稿: よしはし | 2010年5月30日 (日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/48487587

この記事へのトラックバック一覧です: 青い食べ物:

« 八丁堀の穴場 | トップページ | 防災訓練 »