« 夏日 | トップページ | 風薫る、山笑う »

2010年5月 8日 (土)

これからのお楽しみ

Dscf7953

ゴールデンウイークが終わると次の大型連休は夏休み。
祝日のない7月までの間は、お楽しみのニンジンをぶら下げておかないと 乗り切れません。。。 

今年も東京、地方共に観光客狙いで集客力の高そうな楽しみな企画展、展覧会が目白押しだ。

面白そうだとチェックしていても 結局行きそびれてしまうこともある。後悔をしないように、いまから時間を作るように心掛けておこう。
大事なのは好奇心と行動力、そして楽しむ気持ち。

ということで、メモメモ

ドラえもんの科学みらい展 

 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
 2010年 6月12日(土)−9月27日(月)  火曜休館
 ただし、7/27〜8/31は火曜日も開館
 10:00 - 17:00

 子供向けと最初っから馬鹿にしてはいけない。
 そこには 大人が子供目線でいかにわかりやすく、興味を持ってもらうか、
 基本原理、本質を理解してもらう体験のための工夫がたくさんある。
 これは、本質を見抜くヒント、表現の宝の山なのだ。

 容赦のない興味の赴くままの子供達の行動と反応は、
 人間観察と忍耐力の養成にもピッタリだ。
 課題は、娘たちはもう自分が見たいという出汁にも付き合ってくれないので、
 一人で行くかどうか。


ブルーノ・ムナーリ展

 横須賀美術館
 2010年 6月26日(土)−8月29日(日)第1月曜休館
 10:00 - 19:00

 生誕100年だった2008年にいくつか企画展があったが
 今回はどんなことを気づかせてくれるだろう。
 ここはロケーションもいいし、美術館そのものも興味があるので
 できれば平日に車で行って 海とランチも堪能したいなあ。


マン・レイ展 知られざる創作の秘密

 国立新美術館
 2010年7月14日(水)〜9月13日(月)  火曜休館
 10:00−18:00 (毎週金曜日は20時まで)


佐藤雅彦ディレクション ”これも自分と認めざるを得ない展”

 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
 2010年7月16日(金) − 11月3日(水・祝) 火曜休館
 11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
 一般¥1,000、大学生¥800、中高生¥500 小学生以下無料

 これはぜひ娘にも行かせよう。いや 一緒に行こうと思う。
 あ、いや2回くらいいっちゃいそう。


借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展

 東京都現代美術館 企画展示室1階3階
 2010年 7月17日(土)− 10月3日(日)  月曜休館
 10:00 - 18:00

 年間入場者数、入場料をここで荒稼ぎして、現代美術館の認知度を一気に高める
 夏休み恒例のMO+ X 日テレ X ジブリ の強力タッグマッチ企画展。

 映画も見ちゃうしかないなあ。

 

地方も頑張っていて、面白そう。

瀬戸内国際芸術祭「アートと海を巡る百日間の冒険」
直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、高松港周辺
2010年7月19日(海の日)ー10月31日(日)
17の国と地域から75組のアーティスト、プロジェクト、13のイベントが参加

十和田市現代美術館は 草間彌生
金沢21世紀美術館は ヤン・ファーブルと船越桂

さて初夏の風に吹かれながら、夏休みの過ごし方も考えてみよう。 

|

« 夏日 | トップページ | 風薫る、山笑う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/48308136

この記事へのトラックバック一覧です: これからのお楽しみ:

« 夏日 | トップページ | 風薫る、山笑う »