« 梅雨の合間の夕焼け | トップページ | 横須賀美術館 »

2010年7月 6日 (火)

西沢立衛X廣村正彰

Dscf8447

先週の水曜日、AXISクリエィティブトークセッション「西沢立衛と廣村正彰が語る10のキーワード」を聴いた。6月3回目のAXISギャラリーだった。

学生さんと建築系の方々が多い雰囲気で、ちょっとアウェーな感じだったが、廣村さんの「西沢さんは本質しか語らないからなあ」というぼそっとした発言が的を得ていて、まさにそれが収穫だった。

西沢立衞さん語録メモ:都市計画は時代の要求、人間のライフスタイルを描くこと。東京は民主主義の風景、建築の権利。集団の活力が都市の風景。人間に合わせる機能主義は10年もたない、人間に考 えさせる能動性に期待。時代と共に快適を創ろうとしている。感覚的なモノを形にしたのが先端的デザイン。イギリスのPUBはパブリッッシングな場所、日本の居酒屋は民家の延長。日本の家は元々は家族の空間だったが今は個人的な空間、それ以外は街。人間は新しい感情表現をしたくて新しい道具をつくる、その双方向が自分で自分を育てる。自分で言葉にしてみる、自分にレクチャーする。建築におけるUDは対症療法になっている、フランケンシュタイン、これからはビジョンを示すことが大切。

|

« 梅雨の合間の夕焼け | トップページ | 横須賀美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/48815137

この記事へのトラックバック一覧です: 西沢立衛X廣村正彰:

« 梅雨の合間の夕焼け | トップページ | 横須賀美術館 »