« gift | トップページ | swiss design »

2010年11月21日 (日)

麹町を時間旅行する

Dscf1263

江戸が開府されてすぐの1607年に今の地に遷座された平河天満宮。
そこの狛犬だ。変わりゆく江戸の街を見つめて150年、そのままの姿をとどめている。

Dscf1282_2
Dscf1292

昨日は「コミュニケーションデザイン研究会(情報デザインフォーラム分科会)」主催の「インフォグラフィックス ワークショップ3」に講師・オブザーバーとして参加してきた。

朝8時30分、半蔵門の改札をでたところで、主宰者の木村さんと偶然バッタリ、そして一緒に入ったスタバに偶然上平先生も入ってきて、事前の打ち合わせからその日は始った。

定員20名に対し、応募の出足は鈍く、学生さんも様々なイベントが重なったことや、事前の下調べが必要というハードルが高かったらしく、応募は少なかった。そんな心配は後で全くの杞憂に過ぎなかったとわかる。
定刻の9時30分にはほぼ全員が揃い、ワークショップはいよいスタート。木村さんがカンタンなオリエンと講義をしている間に参加者の宿題に全て目を通し、グループ分けを実施。
すでにユニークで明確な切り口を設定している人から街の歴史をぼんやりつかんだまでの人まで様々。その方向性や社会人、学生、男女、職業などを考慮して4つのグループに分けた。そこに講師陣も入って、1グループ5名づつのチームができた。
それぞれに事前が調べてきた視点や仮説を披露、その仮説検証のために11時にはフィールドワークに出かけた。ここまでで1時間30分。
要は休日の一日、事前にオタクになるほどの下調べをやってまで自ら楽しんで学ぼうというモチベーションのある方々が集まった時の雰囲気、エネルギーがいかに相乗効果が高くなるか、ということを実感することになった。
当然、手弁当で参加している講師陣の質問やアドバイスもそれぞれに的確で、自身も互いに学び合い、参加者から刺激をもらい楽しんでいる様子がさらに雰囲気を高める。
昼食を挟んだフィールドワークを終え、戻ってからリフレクションをし、シャッフルディスカッションの変形版をはじめる。これが一人約5分で14時〜15時の1時間。
実際のビジュアルの製作は15時から16時10分の僅か1時間10分。
切り口、材料、整理、優先順位、そぎ落とし、シンプルでキャッチーな表現、レイアウトまでを凝縮。手が動く動く。今回は、前回の教訓を生かしてグループワークではなく一人1枚のビジュアル製作ということにしたことで、合意形成より自分の考えを整理し、纏めることに集中できたことがよかったようだ。社会人も学生も、デザイン業のひともそうでない人も一線に並んだ。
16時15分。会場にずらりと並んだインフォメーショングラフィックスの成果とその痕跡は圧巻だった。全員でお互いの作品を20分間程眺めあい、一人一票の投票。
16時40分、その結果をもとにプレゼンと講評会。笑顔が広がる。票を集めたのはこのワークショプ2回目の参加の方でした。前回の教訓を生かした前準備の周到さと実際のワークショップでの現地の人へのインタビュー、そしてグループメンバーからの意見を受容しての再整理と再構成。さすがでした。18時20分終了。
すばらしい充実感とともに参加者全員が懇親会場へ移動。

参加者の皆さん、講師の方々 大変お疲れさまでした。
とても楽しく、充実した時間をありがとうございました。すばらしいロケーションと雰囲気の会場をご提供いただいたことにも感謝です。

そして麹町という街にとっても愛着がわきました。

ここでは経緯だけをまず書きした。
あらためてまとめたいと思います。

昨年の「インフォグラフィックス ワークショップ2」はTDWの直後で体力がついていかず、懇親会に参加できなかったので今年は万全で臨んで、しっかり2次会までついていきましたとさ。いろんな方々とまた出会えてああ楽しかった。

関連記事

小林さんのブログ

浅野先生のブログ 制作・講評編

浅野先生のブログ フィールドワーク編

吉橋先生がTwitterをトゥギャってくれました

参加者のブログ

インフォグラフィックスワークショップにいってきました

人を引きつける!伝わるインフォグラフィックスを作るコツ

 

|

« gift | トップページ | swiss design »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/50092508

この記事へのトラックバック一覧です: 麹町を時間旅行する:

« gift | トップページ | swiss design »