« 今年もメ芸 | トップページ | 降雪と積雪 »

2011年2月11日 (金)

級友との再会

Dscf2141

渋谷で立ち飲み。といえば富士屋本店グループ。
正統派大衆居酒屋の富士屋本店はほんとうにセンベロ(千円でベロベロ)。
オヤジのワンダーランド。その上にはWineBar。ここも品揃えも雰囲気もすばらしい。
満員でトイレの前の樽テーブルでしばし呑みつつ、店内でワイワイ楽しく。
実はここの前に鳥ハゲにてもう一杯やってきた。そこも富士屋本店グループ。客層は見事におじさんばかりだった。それに相応しく集まったのは全員子年の中学高校の同級生。

同窓会も事務局がメーリングリスとなるモノを活用して世界中の同級生の消息がわかるようになってきた。行方不明だった私も探し出されて参加。そしたらマジで小中高と同級生で高校卒業以来音信不通になってしまった友人に一昨年の秋、30年振りに再会できた。彼は大手教育企業に就職後、中国にわたり進出する日本企業の人材育成に尽力、その後台湾で起業し、台湾で結婚して生活していた。再会して1年後には2人の名古屋の母校が廃校、小学校の校舎は取り壊されてしまって、何もできなかったことを2人で悔やんだ。

そんな再会の中で、数少ない東京でクリエイティブに関わっている同級生と意気投合できたことも大きな収穫だった。
名古屋の宮大工を発祥とする大手ゼネコンで建築デザインに関わる者、大物グラフィックデザイナーの下で修行し独立して偶然私の勤め先の近所でグラフィックデザイン事務所を営む者、工業大学を卒業しながらなぜか雑誌の編集に関わり、今やエディトリアルデザインの事務所を切盛りする者、そしてプロダクトデザインからインタフェースデザイン、ユーザビリティを経てメーカーのデザイン部門の私。
再会して、仕事を一緒にしたりグッドデザインの会場で偶然であったりしてきたが、この4人で集まってこれからしばしば会って呑むことにした。
30年振りの再会なのにデザインの本質とか体験、感動、人も話題も繋がる繋がる。。
実はもうひとり、高校時代から天才的にめっちゃくちゃデッザンの上手い奴がいた。高校卒業後どうしたのか知らなかったのだが、彼は大学に進まず画家を目指してイタリアに渡り修行、フランスを経て世界的なレベルに画家の志をあきらめ帰国、その人脈と目利きで画商になっていることをやはり最近知った。ぜひゆっくり話をしたいと思っている。
まあ、話をすると単に30年前にタイムスリップしちゃうんだが。

なんだかITCで繋がる級友の旧友との再会を機に、面白いことがいろいろ起こっている。

Dscf2144_2

|

« 今年もメ芸 | トップページ | 降雪と積雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/50838723

この記事へのトラックバック一覧です: 級友との再会:

« 今年もメ芸 | トップページ | 降雪と積雪 »