« 芸術への影 | トップページ | こころのゆとり »

2011年3月26日 (土)

Spring will come.

Dscf2479

24日の夜は横浜でも雪が舞うほど寒かった。電力需要が心配になる。
そして今度は水の買い占め。不安が広がるから。
自宅のある横浜市営地下鉄最寄り駅は毎朝7時30分頃に通勤のピークを迎えると入場規制を実施している。土日ダイヤで運行本数が少ないため、満員になってしまうと途中駅の乗客を乗せることができなく、乗客がホームに溢れて危険、乗降が滞ってダイヤ乱れてしまうのを防止するため。これまでとは異なり、全ての車両が毎日満員で窮屈だが、皆承知していてピークシフトしたり、改札前に整然と並んでスムーズだ。我慢が当たり前という雰囲気。
が,その我慢もいつまで続くのかという不安も抱えている。
来週末には新年度、新学期が始まる。毎年4月は初々しい通勤通学客が加わって、混雑度が増し、毎日のように遅れが発生するのが常だ。
朝夕7時~8時のピークは,今の対応でもどの鉄道も多分限界になって、利用者も事業者も更なる工夫が必要になるだろう。
首都圏もこれまでとは違う働き方、学び方、暮らし方に移行せざるを得ないだろうなあ。

ガソリンは今すぐ入れなくても、カップラーメンやパンもすぐに落ち着くからと日常生活普通にリアルに過ごしたいと思えるのだが、今まだ日々何とか継続してる経済活動の慣性力に、とてつもない摩擦力がかかる見えない転換点への不安が日増しに大きくなっている。

だからこそ今はそういう不安を希望に変えることを仕事を通じて実現したい。
夢や理想ではなくて、リアルな目の前のことをきちんと積み重ね、知恵を出しあった先にある希望。
急性期を過ごし、これからは1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年 1年という単位で行動を考えていきたい。

Spring will come.

|

« 芸術への影 | トップページ | こころのゆとり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/51219057

この記事へのトラックバック一覧です: Spring will come.:

« 芸術への影 | トップページ | こころのゆとり »