« 地域の活動 | トップページ | 秋がひたひたと »

2011年8月14日 (日)

静かな夏の一日

Dscf3721

夏休み明けの1週間はとても長く感じた。
先週が比較的気温が上がらず、暑くてもゲリラ豪雨の雷雨が通過して気温が下がり、過ごしやすかったこともあるだろう。今週は暑さのピークらしく、外出時の移動は汗が流れ落ちて止らない程辛かった。
いよいよ世間は本格的なお盆シーズンに突入。通勤電車は人も少なく往復とも座れてしまうくらいに密度が減って楽だが、11日からは新幹も回数券が使えなくなり、待合室や通路は大きな鞄を伴った人で溢れ、真っすぐ歩けないほどなので、ちょっと時間の余裕が必要だし、車内はいつものビジネスマンとは全く異なる楽しげな雰囲気に戸惑い気味。

Dscf3729

熱帯夜が続くので、深夜になっても蝉の合唱はなきやまない。
ふと木陰で樹上を下から見上げると、蝉の抜け殻が鈴なりに。
蝉取りなら入れ食い状態だが、暑いのか帰省してしまったのか、今日は子供達すら見かけない。街そのものが蝉のなき声以外聞こえない程静かだ。
ミンミンゼミからアブラゼミに移ろい、夕方になって気温が下がるとヒグラシへと音の変化を楽しみたいものだが、風情よりこの暑さをまずなんとかして欲しい。

Dscf3722

10日水曜日の夜にマンションの集会室では、自治会が主催でサッカーの日韓親善試合の大型スクリーンによる観戦会が開かれた。住民同士の多世代コミュニティ形成のトライアルだ。定時退社日で早めに帰宅できたので、途中からビール片手に参加。ちょうど2点連続ゴールの頃で、壁一面にプロジェクションした大画面を前にご近所さんと日本の快勝を楽しく応援できた。
参加者の多くは自治会の役員さんとその子供達が中心だったが、平日とはいえ夏休みなので友達同士や兄弟など小中高生も10人くらい参加してくれて、70代から小学生まで30人くらいが集まった。
掲示による告知が1週間前と時間がなかったし、1回目としてはいいんじゃない。
高校野球の決勝が19日土曜日の9時30分、そこまで横浜が残るといろいろな人が一緒に応援できてかなり盛り上がるんじゃないか、と話題にしてその日はお開きに。

そして週末、久々に高校野球を見てしまう。全ての試合がドラマだらけなのだ。
涙腺が緩む。
昨日は習志野高校の吹奏楽部の応援を聴いてたまげる。テレビ放送を通じて間接的に聞こえてくる演奏がハンパじゃない。音量、音程、迫力、音楽性、どれも素晴らしい。
吹奏楽コンクール全国大会に3年連続で出場する実力の上、今年は3年連続の翌年は出場できないルールのため1軍から3軍まで全部員196人による演奏なのだという。
野球部員が95人、全校生徒数1000人うち5人に一人が吹奏楽部員というのもすごいけど。習志野の応援を聴きたくて試合を見たくなるくらい。
決勝戦は横浜と習志野にならないかなあ、と全く外野の勝手な希望。

Dscf3725

自宅のすぐ近くのひろ〜い公園も普段なら子供達や家族連れで賑わっているのに、今日はほんと誰もいません。あ、いや、ひとりだけほとんど素っ裸で日焼けにいそしむ若者1名。
そんなニュータウンの静かで暑い、そして熱い夏の一日。

|

« 地域の活動 | トップページ | 秋がひたひたと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/52473123

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな夏の一日:

« 地域の活動 | トップページ | 秋がひたひたと »