« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月15日 (土)

アモルファス合奏団第30回演奏会

111009

9日にアモルファス合奏団の第30回演奏会を飯田橋のトッパンホールで聴いた。

プログラムは
ブリッジ:弦楽オーケストラの組曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第15番
ヘンデル:シバの女王の入城
ハイドン:交響曲第85番「王妃」

毎回、弦楽合奏のみでかつ、名曲にこだわらず、アマチュアらしい 自分たちのやりたい曲、人知れずの迷曲を探し出してきて挑む、というプログラムを特徴としてきていた。が今回は、1曲目のみイギリスの作曲家による近代音楽だが、古典的な調整に近代の香りのする内省的な響きにアモルファス合奏団なりのいつものチャレンジ精神を感じさせてくれながら、残り3曲はいわゆる古典音楽のオンパレード、そして全てに管楽器が入るという記念演奏会として自分達の実力をきっちり発揮できるプログラム。

今年は管楽器が入ったこと、注目の人気ピアニストをソリストに迎えた事でチケッットは事前にほぼ完売とのことだったが、当日多少の空席はあったもののほぼ満席の盛況だった。

トッパンホールで演奏を聴くのは2回目。初めて来たときもやはり同世代の私の所属していた大学オケOBで結成されたアマチュアの室内オーケストラの演奏会だった。その時はシンフォニーとピアノコンチェルトを聴いたのだが、今回、人数的にも少ないアモルファス合奏団の方が弦楽合奏で培った経験を存分に発揮していたのは耳にも明らかで、アマチュアながら豊かで艶やかな音色をホール一杯に響かせていた。、メランコリックなゆったり流れる音楽は今年も健在。和音をよく聴き合って厚みのある響きは充実している。

例年、東京オペラシティのリサイタルホールで演奏会を催してきており、そこでのホールの鳴らし方は随分心得ていて、弾き手の情熱や一体感の伝わる心地よい演奏会と思っていたが、やはり平土間式のホールなりの難点があったのだと、今回、室内楽コンサート専用ホールでの演奏を聴いてあらためて気づかされた。器は奏者にとっても聴衆にとってもとても重要だ。トッパンホールは内装を木に拘り、豊で温かい音響を実現できているし、建築条件の影響で天井高がとれない分、ステージと客席の高さ関係が良好で、奏者も見やすく、またアマチュアには音圧が豊かに客席に届くといういい条件にもなっているようだ。

惜しいのは、駅からの道のりがちょっと遠く、全然楽しくないので気分が盛り上がらない、お天気がよくないと多分躊躇してしまうことくらいだろうか。

アモルファス合奏団の演奏会をここ数年毎年聴いていて感じていたのは、音楽の流れの勢いに乗り切れなかったり、特に精神性の高い、弱音の緊張感を伴う音楽では、ともすれば音の停滞感や、音楽を楽しむ余裕より、アンサンブルの練習量に聴衆が気兼ねしてしまう様なシーンがあったことだ。それはアマチュア音楽家のテクニックや音楽性の宿命なのか、指揮者の音楽性や指導方法なのか、アモルファスを構成する楽員の克服できないセンスなのか、いろいろと考えさせられていた。

が、今年の1曲目はホールの響きも手伝ってか、多少緊張感に傷もあれど、これまでの集大成として意気込みを感じさせてくれる、いつもの弱点や課題が随分といい方向に向かった演奏だった。

そして2曲目のモーツァルトのピアノ協奏曲15番は、メインとしてとてもとても楽しめた。ソリストの菊池洋子さんは第8回モーツァル国際コンクール(2002年 ザルツブルグ)で日本人として初めて優勝した逸材だ。何故にこのような良縁が!?という幸運に恵まれ、素晴らしいピアニストを迎えての演奏は、ソリストが紡ぎ出す明るくくっきりした充実した音楽に載せられて、アマチュアとしての至福に溢れんばかりのキラキラ輝くモーツァルトの音楽をホール一杯に響かせていた。長年の夢が叶ったコンマスのS氏の弾きっぷりといったら。。。こちらも笑みがこぼれずにいられない。

妻はロビーで販売されていた菊池さんのCDを購入してしまった程、気に入ってしまったようだ。

アモとのリハーサルの感想が載っている菊池さんのブログはこちら。。

この様な体験は奏者にとっても聴衆にとっても強烈な印象として幸せな時間となる。

アマチュアの音楽会のいいところは、新しい曲や音楽性に出会い、一人では生み出せない人の繋がりを演奏者が楽しみながら活動することにより、空間と時間の共有体験を創造する場をつくりあげるプロセスを共感できるところだ。プロにはない感動を呼び覚ましてくれる爽やかさが楽しいのだ。

アモルファスの演奏会の翌日の夜、NHKテレビが指揮者小沢征爾氏が死と向き合い、体力の限界と闘い、命がけで音楽に向かうドキュメンタリー「執念 小澤征爾76歳の闘い」が放送された。凄まじい内容だった(再放送は未定)。翌日の夜には東日本大震災に伴う大津波で、家を流されたり、友達を亡くしたり、親が職を失ったり、練習場や楽器もすべて流された気仙沼の小中学生ジャズバンドが、再び感動と音楽を奏でられる喜びを得るまでの一人の少女の真摯な姿を描いた一夏のドキュメンタリー「響け!笑顔のスイング」が放送された。(16日(日)17:00〜再放送)。

いずれも感情を揺さぶられずには見る事の出来ないクオリティの高いドキュメンタリーだったが、そこにはプロもアマもジャンルにを超えた音楽の素晴らしさを感じざるを得なかった。

音楽は時間芸術、体験芸術とかいわれるが、向き合う時間、真剣さ、そこから奏でられる音に共感するヒトの感情の営みだと思う。

バッハは「音楽は、精神の中から日常生活の塵埃を掃除する。」といい、アウエルバッハは「音楽だけが世界語であって、翻訳される必要がない。そこでは魂が魂に話しかける。」と、そしてサミエル・ジョンソンは「音楽は背徳を伴わない唯一の官能的な愉しみである。」音楽にまつわる名言、然りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

秋への色の移ろい

Dscf4317

9月の台風では葉っぱや枝とともに小さな青いドングリがたくさん落ちていた。
あれから空気が秋に入れ替わり、朝晩と昼間の温度差に反応して、植物達は季節の進行に合わせて変化している。
3連休の最後に、近所の緑道を自転車で一回りして木々をよく観察してみると、冬に備え,来るべき春へ子孫を残す実をしっかりとたわわに実らせていた。

Dscf4316

今年は台風で長時間強風にさらされた影響で、葉が縮れてしまい、色づく前に枯れてしまったり、風雨とともに落ちてしまっている木々が多い。さらに色づきも風の当たる場所と、風の当たらない場所で大きな差がある事が顕著な差になっている。

Dscf4321

谷地の低木は、それでも風に耐えて残った実をしかkり色づかせはじめている。

Dscf4331

濃い緑から黄色みが多くなり、そして赤みへと移ろい、茶色くなり、色があせていく。
秋から冬への多彩な色の変化を楽しめる季節だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

秋の恒例はじまる

Dscf4220

東京モーターショーもとうとう今年は東京ビッグサイトに戻ってくる。
昨今の経済環境から、とてつもないでかい展示会がなくなってしまったこともあって幕張メッセの存在価値は薄まる一方の中で、幕張はやっぱ遠いよ、といいつつ今年もCEATEC(最先端IT,エレクトロニクス総合展)へ。
乗用車と業務用自動車、二輪を一度に開催できるよう増築された北ホールって使われることあるのかなあ、というくらいガランとしている。出展社数も来場者も以前と比較したらかなり少ないという実感。海外勢は日本の市場にもう魅力はないのか。。と思えるくらい。

Dscf4217

昨年までの大型ディスプレイの競演からは様変わりして、今年はどこも環境、エネルギーが前面に。テレビよりEVが主役なのだ。そして高齢化社会を意識した健康をテーマにしたセンサーやサービスがあちこちに。
政府の新成長戦略がグリーンイノベーションとライフイノベーションだからその通りなんだけど、震災もあってエンターテイメントを前面に出すには気がひけるという日本ならではの横並び路線か。
省エネ、環境技術、スマートシティ。。。
どこもキーワードは スマートとイノベーションでそれを冠せば時代に乗っていると勘違いもその気にもさせてくれる妙薬か。
Think Different で見せてくれる企業はなかなかないなあ。

でも毎年見ていると、出品されてる内容はもちろんだが、出展ブースの構成から大きさ、力の入れ方、見せ方などその変化やその年の特徴、トレンドが読み取れて興味深い。
敢えてここでは書きませんが。
行く人によって興味の対象や視点が違うので、あとで話合うと気づかなかったことがわかって面白いし、政府の方針やメディアの露出度で印象を決めてしまはないことが大事だ。
一同に見れるというメリットもあるが、ここだけでしか見られないものやプロトタイプの類はそんなに多くないのはこれも経済環境がよろしくない影響か。
穴場は文化祭乗りのコンシューマー系より展示ブースも内容も地味なデバイス系。

慣れた旅人は、どうせ2時間程度で見られる範囲は限られるので、事前準備よろしく入退場で時間を取られる無駄もなく、帰路もしっかり高速バスで疲れた頭と足を休めながら知的好奇心をそこそこ満足させることはできたのでした。

そして恒例のCEATECが終わると、これも恒例、いよいよ都内はデザインイベント目白押し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

被災地写真洗浄ボランティアにぜひご参加を

Dscf4230

5日(水)と6日(木)の夜、仕事を終えてから被災地写真洗浄ボランティアに参加してきました。場所は銀座線末広町から徒歩1分のところにあるアーツ千代田 3331

7月24日のエントリー「写真を洗い祈る作業」で紹介した内容は、社員向けのボランティア活動でした。第1段階である現地での支援活動につづき、第2段階として現地で対応処理しきれない被災写真の社員による支援活動だったのです。そして第3段階として一般の方々にも参加していただきやすい体制となりました。

写真に関心のある方、何か都内で被災地の支援のお役に立つ事がしたいと考えとられた方、参加してみてはいかがでしょうか。

被災地写真洗浄ボランティア:アーツ千代田3331:3331 ARTS CYD

2011年10月2日(日)~10月23日(日)
朝の部=10:15-13:00 昼の部=14:00-18:00 夜の部=19:00-21:00
会場:3331 Arts Chiyoda / 地下B104
定員:各回35名(要申込)
対象:中学生以上
服装:汚れても良い服装でおこしください。(着替えの準備をおススメします。)

※被災写真の洗浄作業およびアルバム作り。各回の開始時間にあわせてご来場いただき、リーダーの指示に従って作業を進めてください。

参加申込み:
写真洗浄ボランティア応募システム

Dscf4234_4

人に紹介する前にまずは自分で体験、と二日間、夜の部に参加してきた。まだ立ち上がったばかりで、告知期間も短いため、最初の1週間、特に平日は人が集まりにくいという事も知っていたので、少しでも足しになればと二日とも外出先から会場に向かった。

5日はかなりの大雨にも関わらず9名が参加。男性は私を含め3名。写真洗浄ボランティア経験者も数名いたので、作業はスムーズだった。
1班編制で閖上の被災写真を洗浄。かなり傷みが進行していて結構苦戦。洗浄すると流れてしまう画像はデジカメで複写してプリントする処置が功を奏した。
6日は11名が参加。なんとスタッフ以外ボランティア参加の男性は私1名。水汲み、運搬など力仕事、参加者中最高齢ながら頑張らせていただきました。11名にスタッフが加わって2班編成で洗浄を実施。今日でほぼ名取市閖上地区の被災写真の処置は終わり、これから陸前高田市や女川地区の写真洗浄に入ようです。

応募状況も週末から3連休は順調のようで、定員35名がすでに満員の部もでてきたようだ。リピーターさんが増え、参加者のつぶやきやそのお誘いで新たに参加する方が増えるという循環になってくれるといいのだが。

Dscf4232

主催者側の事務局サブリーダーのYさんとは以前とある写真のプロジェクトで一緒に汗を流し奮闘した事のある仲間だ。作業を終えて、二人でお疲れさま会として一杯やった。
参加しているボランティアの方々の真摯な姿勢や言動に、ほんとうに感謝しつつ、作業終了後の事務局スタッフの方々との話、そしてYさんと呑んで出た話、どれも写真の持つ力、繋ぐ力というものを実感し、考えさせられる事の多い体験だった。

たまたま津波に被災し、本当なら他人の目に触れる事のなかった写真達なのだ。
他人のプライバシーを好奇心で覗くのでは決してなく、刻まれた思い出を出来る限りもとのカタチで返してあげたいという気持ちとそれに伴う行動なのだ。

デジタル化して復元する、サーバーにあげて検索しやすくする。
それがいかに写真1枚1枚の重み、リアル感を知らない効率重視の机上論であって、実現が難しいかの課題も見えてこないアイデアであるかがわかる。

CEATECで展開されていた現実と虚構の狭間を縫う様な一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ありがとう Jobs

Dscf4221

ありがとう Jobs。
そんな素直な気持ちで今夜 CEATECの帰りにApple銀座店を訪ね、わずかな時間だが哀悼と敬意の意を自分なりに捧げてきたた。

Dscf4225

訃報に触れたのは午前中の研究所での打ち合わせを終え、幕張メッセのCEATEC2011の会場へ向かう移動の車中。Twitterで。来るべく日がやってきたということなのだが、昨日にiPhone4S発表の翌日といい言葉にならない衝撃。
4S=For Steve という魂を込めたメッセージではないかとのつぶやきにそこまでと。
いずれにせよ、デザインへの深い理解と製品化への執着心と強いリーダーシップ、死の直前までそれを貫いて世界を変えた経営者として、私たちにワクワクを与え続けてくれた人として、尊敬の念は計り知れない。

Dscf4226

次から次に献花に訪れる人々とそれを撮影する報道陣。
それでもお互いにとても大切な気持ちを失った事をリスペクトしあうように静かだった。

Dscf4228

Appleマークの灯りを消したApple銀座店。

15年前、所属するインハウスのデザイン部門で、たった一人で専任のインターフェースデザイナーとしてスタートした頃、Reseditでポチポチとアイコンを創作しながら抱いていた、IFデザインはヒトとモノの関係にこれからは重要なコトだとして確かな信念を持ちながらも、新しい取り組みに加わることを躊躇したり批判する周囲への不信感や未来への一抹の不安。ちょうどジョブスがアップルに復帰し、次々にこれまでの常識を塗り替え、創りあげていくこれからの未来にワクワクしていた日々を思い出した。

ありがとう Jobs.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

台風の傷跡

Dscf4144

21日の夕方、首都圏は台風15号の直撃で暴風雨が吹き荒れた。
オフィスでデスクワークをしていても窓を激しく叩く風雨で落ち着かない。築数年の巨大なオフィスビルですら強風にあおられて時折揺れていた様な感じ。街には人影がなく、歩いていても傘をさす事は無駄だと風雨にずぶぬれになりながら行き交う人。帰宅時には強風と河川の増水で交通網はストップ。小田原に向かうためお昼過ぎに会社を出た同僚は夕方もまだ東京駅の新幹線車内との連絡。(結局動いたのは22時過ぎで小田原まで1時間以上かかったようだ)
外出先から夕方戻った人が、もう今日は仕事にならんよな、どうせ帰れないよな、と19時過ぎには仕事を切り上げて同僚を誘って10人程で地下の蕎麦屋へ。私もそれに参加。これが結果的には大正解。2時間程そば湯割りの蕎麦焼酎を飲みながら歓談していたら交通は徐々に再開。急に駅に行くと集中した乗客でまた電車は運転を見合わせてしまう事を読みつつ、初動と潮目が大事と311の教訓。
田園都市線再開のつぶやきを見て、恵比寿経由で渋谷に出ようと、まだ恵比寿折り返しだった日比谷線に乗ったら東横線再開でそのまま中目黒へ。すんなりいつもの通勤時間で22時過ぎには自宅に着いた。
が、メールをチェックしたら管理人さんからマンション敷地内の被害報告が。管理組合の理事長として敷地内を巡回してみると、植栽の一部が根こそぎ倒れていたり、ゴミや傘が散乱していた。

Dscf4147

翌日の朝、最寄り駅までの間で、やはり街路樹が根元から倒れていたり、桜の枝が折れていたり、折れた枝や落ちた葉が多数。よく見ると長時間強風にさらされた為か、葉が秋になって色づく前に縮れた状態になってしまっている木も多い。
週末にはマンション内の被害と対応状況を纏めて広報に掲載して発行、住民に周知した。

Dscf4161

駐輪場のポリカーボネート製の屋根が吹き飛んだり損壊したり、バルコニーの住戸壁(緊急時に蹴破れるタイプ)が破損したり、駐車場の大きな鉄製の防火扉が風にあおられ勢いよく開いて変形したり。。。お風呂の窓ガラスが割れたお宅もあったりと、共用部分については全て保険を適用するので、管理人さんとの確認しつつこれからはんこ押しだらけだ。

植栽については契約している植木屋さんが翌日の早朝に危険なものだけすぐに伐採して除去してくれたが、1週間経っても大忙しでそれ以外は後回しだ。ガラス屋さんも同様らしい。
近隣のマンションの管理組合の理事長さんらとの話では、植栽が50本倒れた、風が吹き込んだため思わぬ雨漏り発生とか、古いサッシでは風圧で水が侵入してきたとか、結構小さな被害がたくさんあったことを知った。地震のときもそうだったが、報道やメディアに出ない日常にちょっとだけ支障のある小さな被害こそ実は大変な数で、緊急対応で修繕したりしたあと、原因究明したり再発防止したり、結構手数がかかってる。実は未だに地震での損壊箇所の修理が終わっていないところいうのは、どこでも発生しているから業者の手がまわらないところで、そういうところが建築や工法の弱点と改めて思い知る。
建築業者 建築家、デベロッパーは以外と認識してできていなくて、情報の集まるマンション管理組合の理事さんの方がよほど詳しい。
次回、改めて集合住宅を購入する様な事があったら、こういう建築の集合住宅は絶対買わない、ここ必ずチェックするということがたくさん覚えた。ハードだけじゃなくてコミュニティに関しても。

Dscf4170

台風のお陰で入れ替わったのが空気。
残暑を持ち去ってくれて、大陸の爽やかな秋の空気を運んできてくれたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »