« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月 2日 (水)

秋の東京は今年も恒例のデザインイベント

Dscf4511

10月下旬から11月第1週の東京は、恒例の秋のデザインイベントが目白押し。
東京ミッドタウンの芝生広場にもなが〜いテーブルが出現して、のんびり思い思いに楽しんで、デザインの力で創造性を膨らませている。

Dscf4497
このテーブル、長さは50m。芝生広場がゆるやかな斜面になっていることを上手く利用していて「ベンチとテーブルとして本を読んだり、かくれんぼや鬼ごっこの遊具になったり、屋根の下でちょっとこもったり」みんな笑顔で子どもから大人まで楽しんでる。ここでは6日まで
NPO法人CANVASと慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)による約20のワークショップも開催されるそうだ。

Dscf4484
六本木の東京ミッドタウンでは、いずれも29日から始っている今年で5年目の参加型デザインイベント DESIGN TOUCH 2011 と トレードショーのDESIGNTIDE TOKYO 2011
上のガリバーテーブルはDESIGN TOUCHの一部だ。

Dscf4492

DESIGNTIDE TOKYO 2011 のメイン会場はミッドタウンホール。毎年,会場構成も注目の的だ。今年はプロダクトデザイナーの中坊(なかぼう)壮介さんによる均質な光に包まれた
四角い箱がステージ。

Dscf4490

主役であるデザインの作品を眺めながらそのデザイナーと直接話をするのがここでの楽しみ方ではあるが、一方で会場の空間を支える裏側をの覗いてみると、特注の白い柱に生地を支える赤いザイルとぴんと張った白い布の単調な緊張感の連続も美しかったり。

Dscf4535

そして11月1日からは26年目n老舗、TOKYO DESIGNERS WEEK 2011 が神宮外苑でスタート。
当初はそれまでの 100% design から大きく変化して昨年掲げたテーマ「環境Xデザイン」をメインに前後半に分けて2週間に渡る大イベントを企画していた。それが震災以降大きく舵取りして1〜6日の開催に変更となった。

Dscf4522  

代々のTシャツ販売。懐かしいなあ。私もここに2007年から4年間連続で出展、寒暖の差は激しく、1週間弱で数千人の方々とデザインの可能性を対話をする過酷でありながらも楽しい体験をしてきた。

Dscf4518

今年の会場はピンク。初日の夜だったのでしかたないが、ガラガラ。寒い。
例年華やかで大型の大使館ブースもなければ、経産省や環境庁の後援もなく、事前の告知もほとんどなかったため盛り上がりに欠けるが、ここも3日の祝日や土日には床が見えないくらいのヒトが溢れるのだろう(か?)。
初出展のdocomoが、トラフ建築設計事務所とヴィジュアルデザインスタジオWOWとのコラボレーションによるインタラクティブな光のトンネルが入ってすぐのところで気を吐いているが、あとは小粒だ。きらりと光る楽しみを見つける楽しみに期待したい。

Dscf4533

Dscf4532

今年のビジュアルはフレンドリーですね。。。この路線変更、何か事情があるんでしょうねえ。私には今回のショーデザイナーである建築家のフロリアン・ブッシュ氏のコンセプトの関係性が見えません。

Dscf4519

ARIGATO PROJECT  これよかったですね。

Dscf4521

今回私は全く関与していませんが、例年通りブースは出していますので、ぜひ覗いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »