« 音楽を聴く体験の購入 | トップページ | 家庭でのエネルギー消費 »

2012年1月25日 (水)

初雪

Dscf5029

21時過ぎから雪になるという気象情報の通り、21時を回った途端に帰宅途中の日吉ではそれまでの小雨が大粒の牡丹雪に変わった。みるみる道路が白くなり、街角からタクシーが消えた。日吉駅のタクシー待ちはいつ来るとも知れないタクシーに長蛇の列。

自宅最寄り駅に着いた時にはもう数センチの積雪。チェーンのないバスが焦るように走り去り、ノーマルタイヤの乗用車はもうヨロヨロ走っていた。

自宅のマンションに到着すると、施設担当理事がスノーダンプで通路を確保されていた。昨年の理事会で管理人さんに昼間,気象情報で積雪の予報が出たら、倉庫からスノーダンプとスコップを出して、誰でもいつでも自由に雪かきできるよう管理棟の前に出しておいていただくようにルールを決めたのだ。昨年の2月の降雪時には深夜まで数人のオヤジ達が駐車場の通路 出入り口と各棟前の雪かきをしてくれて、朝の通勤通学の際、住民が随分助かったという実績がある。

今朝、水分を多く含んだ雪だったせいか、積雪は少し減っていて、昨夜の雪かきの跡ががくっきり残っていた。いつもならマンションの敷地の周囲を巡る緑道にたくさんのジョギングや犬の散歩をする人がいるのに、今朝はほとんどいない。駅までの足下が大変だろうと、いつもより早く家を出た人達が、かき氷のような雪の上をみんなザクザクと音を立てながら、足を垂直におろして慎重に足を運んでいた。

駅までの途中に広がる公園は、ゲレンデのようだ。小学生が登校する前なので踏み荒らされていなくて真っ白美しい。

散歩に訪れたワンちゃん達が楽しそうだ。

首都圏は雪に弱い。が、首都圏の人は冷静で忍耐も強い。きちんと自然に対峙している。

非日常の風景も新鮮で発見が多い。

この後、早い時間なのにいつもより人の多い通勤電車だったが、何事もなく無事職場に着いた。都心も喧噪が始る前に、白く美しい待ちが佇んでいた。

|

« 音楽を聴く体験の購入 | トップページ | 家庭でのエネルギー消費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/53818356

この記事へのトラックバック一覧です: 初雪:

« 音楽を聴く体験の購入 | トップページ | 家庭でのエネルギー消費 »