« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月 9日 (土)

京都でリーズナブル

Dscf5842

日帰りで京都出張。
滅多にないし、金曜日だし、金曜日だけでは片付かなさそうだし、ということで丸太町にある会社の契約施設なら4400円で泊まれるというので、仕事が終わってから同僚の皆で一杯。

京都によく来られる山崎先生や浅野先生がこのお店満員で入れなかった、と以前ブログに書かれていたお店を目指した。ちょうど錦小路の大丸側の賑やかなところから烏丸通りを挟んだ西側、築80年の呉服屋さんをリノベーションした居酒屋さんだ。

午前中の仕事が終わり、ちょっと遅いランチをとって、次の場所に移動中に雨が降り出した。最寄りの駅から目的地までタクシーで移動中にラジオから関西が梅雨入りしたと聞いた。
梅雨の季節は観光シーズンから外れるためか、宿も楽勝で予約できたし、このお店にもすんなり入れた。って午後別行動だった同僚達が先発隊で18時頃に入っくれていたんだが。
ちょうどこの写真の2階の畳のお座敷。京都の友達んちに遊びに来たみたいな気軽な雰囲気だった。

Dscf5836

せっかくの京都、と観光客気分も忘れずにハモのおとしなんぞもいただきながら、ガンガンいってもリーズナブル。首都圏にもどるメンバーがほとんどなので、お土産を買う時間と最終の新幹線に間に合う時間でお開き。

Img_2052

京都での二軒目は、宿泊組と京都在住の知り合いの3人で雨の中、五行に移動。
ここも行きたかったお店。

Img_2058
日本で初めて国際結婚をしたモルガンお雪が晩年を暮らした築120年の町屋をリノベーションしたおしゃれなラーメン屋さんだ。実はその奥に蔵をリノベーションしたバーがある。
まだ開店いて間もない時間だったのでラッキーにもカウンターに3人座れた。
バーテンダーのお姉さんが1人で切り盛りしているのだが、話し上手 もてなし上手でとっても心地よい。常連さんから次々にプレゼントをもらったりして大人気だった。

Dscf5844

翌朝、ホテルのモーニングセットは高い、ということで徒歩5分くらいのところにある京都の老舗ベーカリー進々堂の府長前店のカフェへ開店とほぼ同時に入った。
ここのモーニングセット、630円ながらトーストはパンドミ、全粒粉パン、角食パンから、ミートがベーコン、ハム、ソーセージ、卵もスクランブルに目玉焼きなどから選べるのが嬉しい。コーヒーもおかわり自由だし。
土曜日だったので年配の常連さん、外国人が多かったけど、ビジネス利用ならホテルよりずっといいんじゃないかな。オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

東京でこだわりの味噌煮込みうどん

Dscf5818

東京は本郷のちょっと入った裏路地に輝く金の鯱!?

最近、本郷に仕事で行く事が多いのだが、目的地と駅をスタスタ往復するだけで、なかなか街を観察したり食事をする時間がとれなかった。
道すがら東大本郷キャンパス内や周辺の建築を眺めることはあるのだが、お昼時は安くて美味しそうな地元の飲食店はどこも学生さんか常連さんで一杯だ。
夕方、美味しそうな小さなお店には馴染みや連れがいないと一人ではちょっと入りににくい。

ちょうど日没の頃に仕事が終わり(19時でもまだ明るいけど)、一人でちょっと一杯の気分に。東大キャンパスをいつもの赤門ではなくて春日門を出て、さらに春日通りを渡って路地に入ってみた。丸ノ内線本郷三丁目駅付近は居酒屋が多いが、本郷通りを挟んだ湯島側は理科機器や出版社などの小さな事務所が多い。表通りに面していない路地の所々に野菜和食とかイタリアン、おしゃれな蕎麦屋などユニークな飲食店がある。
で、なぜか入り口の軒の上に金鯱を発見。反応せずにいられない哀しい性の名古屋人。

Dscf5814

味噌煮込みうどん専門店「味噌煮込罠」。
お店はカウンター4席とテーブル席6卓12席ほどの小さな佇まい。
ちょっと期待してしまう。まずはどて煮と生ビールで味噌煮込みうどんの出来上がるのを待つ。
どて煮というのは名古屋の居酒屋やお祭りの屋台でよく見かけた、でっかい鉄鍋の上の方の周囲に赤味噌をぐるりと土手のように盛って、真ん中でモツをぐつぐつ煮るつきだし。
お客さんからの注文が具が減るとまた足して、周囲の土手になった赤味噌を溶かして込んでいくというその店独特の味になる大鍋料理ですな。

八丁味噌でたっぷり煮込んだ牛すじと青いネギのどて煮はお店のオススメとあって旨い。エビスビールがさらに旨い!ここまでは期待通り。

そしていよいよ味噌煮込みうどん。
名古屋で味噌煮込みうどんというと、山本屋本店か山本屋総本家。あとは天白区のまことやくらいか。
本店対本家のどちらのファンか?でいろいろある訳ですが、私は本店派。
いずれにせよアルデンテのような芯が残ったしこしこのうどんと最後の一滴魔で飲み干したくなる独特の渋みのあるブレンドされた味噌と濃厚な鰹節の出汁のきいたスープが決め手。
だいたい1000円以上、いろいろ具を入れると2000円近くなるのに、このお店はなんと800円とリーズナブル。

グツグツと煮立ったまま鍋が運ばれてきました。これは合格。
塩を使わない真水で打ってコシを出した自家製麺とお品書きの説明にあるので、東京でも本物の味噌煮込みうどんがこんなリーズナブルに楽しめるのか、と期待も高まる。

具はかしわ(鶏肉)と卵とかまぼこ、そして生ネギ。ちょっと少ないけど、ちょっと酸っぱい八丁味噌ブレンドのスープは旨い!
が、肝心のうどんが。。。
どうも鍋でそのままうどんを生麺のまま煮る名古屋スタイルではなく、麺は麺でゆでるタイプらしく、ちょっと緩いww。

開店してまだ5年、店主は愛知県刈谷市出身とのことで試行錯誤しているらしい。
味噌煮込みうどんもスタンダードだけじゃなくて、イタリアンにインディアンにキムチと変わり種を仕込み、日本酒も拘っているらしい。

偶然見つけたお店ですが、しばしば訪ねてみたいと思わせる罠にはまったようですw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »