« 国宝三昧 その1 | トップページ | 伝統と創造力と先端技術、そして物語 »

2012年7月31日 (火)

国宝三昧 その2

Dscf6627

30日は午前中に東大寺大仏殿、東大寺ミュージアム、東大寺戒壇院、興福寺国宝館、春日大社などを巡った。あいにく宮内庁正倉院は100年振りの改装中で近寄れず。
酷暑の奈良に観光に来る日本人は希少。築数百年の堂内はどこも蒸し暑く、外を歩けば倒れそうな猛暑に修行の様だった。
が、アジアからの団体さんさえ過ぎ去 ればわが家族で空間は独り占め、平成の正倉院をコンセプトに昨秋オープンしたばかりの東大寺総合文化センターはじめ 遷都1300年のおかげで最近リ ニューアルされた施設も多く、雨宿りならぬ暑さ宿りに入館して薄暗いヒンヤリした環境で仏像をなめ回すように間近に鑑賞。

Dscf6601

どれもディティールが繊細で美しい。
吽(うん)形の那羅延金剛(ならえんこんごう)の足の指先。。。

昨日見た百済観音だって、この盧遮那大仏、四天王立像、そして大人気の少年の様な阿修羅像、国宝ってのは、実は当時はとんでもないほど常識外れなコンテポラリーアアートだったんじゃないか。だから時空を超えて今でも魅惑するのか。

Dscf6595

東大寺南大門も鹿すら、半眼でその御々足の表情が。。

Dscf6711

東大寺大仏殿の西に四天王像の最高傑作といわれる立像が安置されている戒壇院がある。大仏殿はさすがにこの時期でも人が多いが、ここを訪れる人はほとんどいない。案の定ここも貸し切り。そしてその裏手、北門を出た前にフルトミンという乳酸菌を製造していた工場跡が今もそのまま残っている。1925年から1980年頃まで稼働していたそうだが、25年以上を経てリノベーションし、2年半前にカフェやイベント会場としてオープンしている。その名も喫茶室 工場跡事務室

Dscf6707

おうすに氷を浮かべた甘みのセットや、3種のプチケーキセット500円など。建付けがよくないのか断念材もはいっていないのでクーラーも冷えすぎずちょうどいい(笑い)

ちなみに上の画像のテーブルは元乳酸菌飲料の出荷検査台だっそうで、木のテーブルに鉄板が貼ってある。ヒンヤリと冷たくて気持ちよかった。

観光地価格のステレオタイプのいかにもという参道のお店も便利でいいけれど、せっかくなら30代,40代の方々がこれまでの資産を活かしながら、汗をかき、工夫をして新しい価値を提供しようとしている現場を体験してみるのもいいんじゃないかと。

Dscf6730

午後は春日大社に日本の国の秩序をお願い詣でて帰路についた。

Dscf6575

ちなみにお宿は奈良ホテル。ここも普段なら満室,高額で泊まるチャンスは難しいのだろうが、夏季は空いていてリーズナブル、とインターネット予約。が一歩遅くて本館は満室になってしまい、新館に宿泊したが5年前に設備がリニューアルされていて快適。

そして本館館内はくまなく探索。築100年の木造建築の「関西の迎賓館」を堪能した。アインシュタインが弾いたというピアノは触れませんでしたがww.

Img_2349

東京駅などの設計した辰野金吾氏の氏には珍しい和風建築である。

建築も素晴らしかったが、働いている方々が誇りを持ってましたね。

 

|

« 国宝三昧 その1 | トップページ | 伝統と創造力と先端技術、そして物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/55357651

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝三昧 その2:

« 国宝三昧 その1 | トップページ | 伝統と創造力と先端技術、そして物語 »