« 伝統と創造力と先端技術、そして物語 | トップページ | トヨタ博物館再訪 »

2012年8月 3日 (金)

太田幸夫の絵文字デザイン展

Dscf6820

ちょっと両親の様子を見に実家へ帰省。そのついでに刈谷市美術館によってみた。
東名から伊勢湾自動車道、衣浦豊田道路経由で。
ピクトグラムの第1人者である太田幸夫氏の出身地で、「絵文字デザイン展」が開催されていたから。無料、小ぶりながら個展のように充実。展示室は撮影禁止だったので入り口のみですが。

Dscf6823

刈谷市の避難所マップカレンダーが配布されていて、 19日にはご本人が来館して美術館から小学校まで昼夜の二回実際に市民と避難して写真のバルーンなど最新の「避難誘導サイン・トータルシステム」開発調査をするそうだ。

導入はいのちを守るデザインから。
畜光シートの国際規格幅にインテリアを損なうといちゃもんを付けて、細くても機能を損なわず、明るい平常時でもインテリアに邪魔にならない細さを検証で提案するプロセスと、それを体感させる暗い部屋。

東日本大震災でできなかったことを潔く反省し、提案、活動する様子などなど。

実践的。

言葉や行動、思いがストレートだけに、異論もつい挟みたくなるが、ほんとうにそれでよいのか、考えるきっかけ、考え続けること、問題を解決する新しい提案に繋げられればいい。

Dscf6829
Dscf6828

子供たちや市民にもわかりやすく参加できる工夫もたくさん。

学芸員の方に、とても充実してるので巡回展をしないんですか?と聞いてみましたが残念ながら、という回答でした。


|

« 伝統と創造力と先端技術、そして物語 | トップページ | トヨタ博物館再訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/55408195

この記事へのトラックバック一覧です: 太田幸夫の絵文字デザイン展:

« 伝統と創造力と先端技術、そして物語 | トップページ | トヨタ博物館再訪 »