« 建物の永続性とは | トップページ | 東京駅ステーションギャラリー »

2012年10月 3日 (水)

企画展「田中一光とデザインの前後左右」

Dscf7231

力強く品位ある表現に向き合う静かな時間を過ごしてみた。
メッセージ、展示内容、構成とも素晴らしい。

タイトル:企画展「田中一光とデザインの前後左右」
会期:2012年9月21日(金)〜2013年1月20日(日)
休館日:火曜日(10月30日、12月25日は開館)、年末年始(12月27日〜1月3日)
開館時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT

Dscf7223

田中一光氏は無印良品の発案者の一人であり、1980年の無印良品誕生から亡くなるまで良品計画のアートディレクターを務めている縁でMUJI 東京ミッドタウン店では「田中一光展」も28日まで開催されている。

MUJI東京ミッドタウン店で買物するときに、企画展の入場レシートを提示すると、田中一光編集 の「無印の本」が貰える。
非売品ってなってたけど3900円1988年発刊の絶版!在庫僅少、お早めにらしい。
私は
1991年にMUJI West Soho (英国1号店)開店記念のノベルティとして配布された風呂敷の復刻版(税込 1,550 円)が限定商品として売っていたので、それと共にゲットした。

|

« 建物の永続性とは | トップページ | 東京駅ステーションギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/55889225

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展「田中一光とデザインの前後左右」:

« 建物の永続性とは | トップページ | 東京駅ステーションギャラリー »