2013年12月15日 (日)

MUJIの鳩時計

1312

ポッポ、と手作りふいごのやさしい鳴き声の鳩時計。
昨年末に無印良品から発売された「鳩時計」を店頭でみてとても気になってた。
いつの間にか商品として消えていたのが、今年また再販されてて、さらにクリスマスバージョンの数量限定グリーンが。欲しい。
私へのクリスマスプレゼントにとちょっと早いけど買いました。
妻も娘もそのキュートな時報を聴いて笑顔が広がる。
暗い場所では鳴かない明暗センサー付き、というのが今風。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

夏休の宿題

Dscf6917

我が家の家族アルバムは、私が結婚してから1年分を1〜3冊に纏めてきている。
1990年から1999年までは上の画像のカラーのアルバム。
21色あるというので21年間は大丈夫だろう、とこれに決めてせっせとアルバム数を増やしてきた。が、なんと10年目にしてメーカーが倒産。製造中止になってしまって手に入らなくなった。
1999年の途中から上の画像の下にある、ちょっと無機的で事務っぽいが、無印良品のアルバムバインダーにしてみた。これならロングライフ商品になるであろうという期待。
以降せっせと13年間。と思っていたら、2008年以降はポケットアルバムにプリントを入れたまま、家族アルバムにまとめるのをさぼっていた。いつかいつか、と先送りにしてもう4年。

この夏休みの宿題として2008年から2012年まで、5年分の家族アルバムを作った。

結婚以来、22年間35冊の家族アルバムが繫がった。ホッ。

そうだ、2004年の夏の家族旅行は北海道に行った。長女が中学生になった年。そこから旅行の写真はデジカメになった。デジカメで撮った画像はパソコンにいれてしまう。フィルムカメラで撮影すると現像に出してプリントしないと見れないから、そのままプリントから厳選してアルバムをつくっていた。デジカメにしたその年から旅行ごとにフォトブックというのを試しに作り始めた。iMacのiPhotoからフォトブックを開いて、画像を流し込めば、それなりにレイアウトしてくれるのに驚いた。注文したフォトブックは1週間程でドイツで印刷製本されて届いたのにまず驚いた。画質はオンデマンドプリントの品質がまだまだだったので満足とまではいかなかったが、夏の思い出を1冊に纏める記念としては十分だった。今から8年前の話だ。

2008年は次女が中学生になった年。子供達が小学生を卒業してしまうと学校行事や家族のイベントで写真を撮ること事態が極端に減少してしまう。子供達は友達同士の行動になり、時間や都合も合わなくなり、そもそも写真を撮られるのをいやがる。
家族アルバムを作るモチベーションが下がったのも何となくうなづける。

Dscf6940

もう少しお手軽に品質もよく、とうことで当時はまだデジタル画像を纏めて1冊にするというビジネスでは先駆的だったPhotobackというゼロックスプリントでCDサイズのフォトブックを注文してみた。これが記念としてよかった。
以来、イベントごとにデジカメで撮影した画像はPhotobackに。

今年の夏の旅行も「国宝三昧 2012」として注文、先日届いた。

写真、というのは自分でその時空を切り取る作業、それをリアルに手元に残して皆で眺められることが大切だと思っています。
ただ、デジカメはついプリントし忘れたりしてしまう。
ちょっと意識して習慣は継続していきたい。

ちなみに作業中、リビングに散らばった過去のアルバムやプリントを妻や子供たちがちょっと拾って眺めているだけで、この時はああだった、これがきっかけで、、、とたくさんの話題が。。

やっぱり写真を眺めると、いい時間が流れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

IKEAクオリティー

Dscf3938

9月15日はIKEA港北の5周年だったんだ。
新横浜駅のコンコースのでかいバナーで誰でも目に入ります。
船橋に続く日本2号店のIKEA港北店は、たしかIKEAの世界38カ国320店舗のうち、来客数では年間650万人で世界一という賑わいを誇るショップだ。
週末はいついっても混んでるしね。子供達の託児施設スモーランド目当ての親子連れなんかいつも行列だし。
12日から16日まではレストランで朝食が無料サービス、9月10月の3連休はレストランは9時から2階のショッピングは9時30分からオープンの特別営業だそうだ。

我が家もIKEA港北オープン早々にIKEAの日本人デザイナーがデザインしたロングセラー商品であるポエングアームチェアを2脚購入。
座り心地が良すぎてつい居眠りしちゃうんだけどこれで週末はテレビをゆったり見てます。
ポエングチェアって、クオリティ、コスト、座り心地、佇まい、構造と機能、コストパフォーマンスとしては私にとっても名作椅子の一つだ。
それまでのソファを止めて、このあこがれの椅子をリビングに替えての生活も6年目に入るわけだあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

本郷館が消える

Dscf3331

本郷館。
1905(明治38)年創建、築106年になる木造3階建て。部屋数76室を擁する現役の下宿屋であった。 つい先日まで。
場所は東大正門からすぐの一本入った住宅街。本郷台地の高台の端に位置する。
元々の施主は、岐阜県の西美濃の酒造業を兼ねる庄屋で、地方出身の裕福な家庭に育った東大、芸大の学生を対象とした賄い付きの下宿屋だったそうだ。建物のある場所は三河の岡崎藩の江戸屋敷跡地というから、 名古屋出身の私にとっても何か少なからず縁があるように思えてならない(ないけど)。
関東大震災にも耐え抜き、第2次世界大戦の東京大空襲の戦火も潜り抜け、 3.11でもびくともしなかった現時点でのほぼ唯一の大型木造共同住宅だ。 下宿屋のメッカ本郷でもシンボル的存在であった。
日本独自の集合住宅である賄い付きの下宿屋そのものがほぼ絶滅しているのに、入居希望者が引きもきらない人気物件であり続けたことは奇跡的であり、現実には本を買って帰ると傾くからと管理人に怒られる、パソコンを使うには他の全ての電化製品をオフにしないとブレーカーが落ちる、などなどエピソードに事欠かない。
一畳4000円の家賃、シャワー、トイレ、台所共用という都会のど真ん中にあって超エコ、最先端のロハスな生活を体験できる空前の空間だ。
近代建築史、都市景観、生活学などなど様々な面で大きな価値があるということは誰も異論は無いだろう。

Dscf3334

最近 本郷に行く機会が多いのだが、朝直行して午後はすぐに会社に戻ったり、午後は帰る頃にはすっかり暗くなってしまって、界隈を散策することもほとんどない。
が、最近Twitterで 本郷館が壊されるということを知って、建物探訪が趣味の私は今のうちにぜひ目に納めておきたいと思っていた。
今日、たまたままだ日があるうちに講演会が終わったので、帰社する前にほんのわずかな時間寄り道して訪ねてみた。

Dscf3304

16時過ぎ、数人のいろいろな世代の人があちこちから眺め回し、カメラやケータイに映像を収めている。 なんだか親近感をお互いに覚えて自然にそんな人たちとつい会話をしてしまった。 自転車でやってきていたおじさんによると、最後の住民3人が立ち退きの裁判に負けて強制退去させられたのが今月の1日で、 8月1日から解体工事が始まるんだそうだ。え〜〜! 今週末までが見納めだったのか! 幸運というか急に切なくなってきた。
立ち入り禁止の札が立つが、この札は解体前から歴史的建造物の内部を見ようという輩が全国からやってきて 勝手に建物の中に入ってくるのでずっと前からあるとのこと。
木造のメンテナンスに防火的に法律上は不適格建築なのでそのリスクに現在の家主は建替えを決意したのだろう。路線価4億5000万の土地に、旭化成のへーベルハウスのワンルームアパート36戸に建て替わるそうだ。
不適格だからこそ、立て替えたら消滅してしまうのだからこそ、多大な労力をかけてもこの状態で維持保存することに大きな意味があるはずなのだが。

Dscf3327

Dscf3303

よく見ると、御影石の門柱や敷石にはガムテープで保存と貼ってある。
売り飛ばすのか?
明治村かたてもの園への移設を検討しているのか?

Dscf3328

最後まで諦めずに守ろうと活動していらっしゃる方々もおられる。
明治村館長を発起人に保存活動が展開されているようだが持ち主の反応は無いそうだ。
先のおじさんも「まだ万分の一で何かが起きる可能性はあるんだよ。あなたも写真の撮ったらTwitterでもブログにでもアップして広めてくださいね。」と。
お、この人ただ者ではなさそうだった。

Dscf3325

この姿を拝めるのもあと5日。

Dscf3324

周辺では「わたしの本郷館」という企画展が街角で開かれていた。

Dscf3306

Dscf3305

この八百屋さんも閉店してました。。

Dscf3329

3階からは富士山を眺めることができたんじゃないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月20日 (土)

スタッキングシェルフ

Dscf7577

先週末注文した無印良品のスタッキングシェルフが午後に着荷した。
昨日から無印良品週間で全商品10%OFF!
早まったか!とちょっと悔しいが、この3連休じゃなきゃリンビングの大改造は無理、ということで寸法計ったり、段取りを考えていたのでいたしかたない。

Dscf7571

午前中に設置場所のリビングを片付けた。
空間を有効活用し、増えた蔵書やら資料やらを収納するために全面書棚にしてしまうという計画。

Dscf7581

こんな感じで2時前から妻と二人で組み立てスタート。
ものすごい緩衝材のゴミ(発泡スチロール)と細かい屑がでまくる。
さらに加工精度が悪いところが所々あり、後でその対応で大変なことになってくる。

Dscf7588

上に積んでいきながら組み立てていたが、ワイド棚の段階で天上につっかえてしまいそうなため横方向に変更。ここまでで3時間あまり。次女がクラブ活動から帰宅したので一緒にしばし休憩。

Dscf7593


3人ががかりで、何とか最後の組み立て修了。
長女も自動車学校から帰ってきたので 家族全員で せ〜〜ので起こして設置。
約4時間で完成。

Dscf7603

お〜〜、無印のカタログみたいだ。
ホルムアルデヒドの匂いは 写真では伝わらないが。
掃除して、ダイニングテーブを戻して今日はここまで。

細いシャフトを何十本もねじったので手に豆はできてるし、あ、あちこち痛いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

緑化

Dscf7486

自宅のあるマンションの緑地にクローバーの小さな小さな新芽の集団を発見。

実は昨夏、植栽管理を委託している業者が除草剤を散布。
いわゆる雑草は一掃されたのだが、地肌が露出してしまうため、コストを抑えながらも景観や雑草が再び生えることを防ぐために、クローバーの種を秋に散布したのだそうだ。
秋から冬にかけては地肌が露出したままで、特に斜面では土砂が流出したり、乾燥時にはホコリが舞ったりとちょっと行方を心配していた。

先月の暖かさと、ここのところ雨が続いたせいなのか、急に生き生きとした緑が面として出現してきた。
遠目には下のような感じ。右中段の緑の固まりに近寄ったのが、上の画像で、カイワレのようにかわいらしい点描が広がっているのだ。

Dscf7490

春の足音が大きくなるにつれ、この斜面がクローバーの緑で覆い尽くされ、初夏にはシロツメクサといわれる所以である、白い花を一面に咲かせることを期待している。

管理組合に理事になって、敷地内の細かい変化にも目が行き届くようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

ヴェルナー・パントン展

Dscf6438

ヴェルナー・パントン展

2009年10月17日(土)〜2009年12月27日(日)/月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)
11:00~19:00(金・土は20:00まで)
入場料:一般1,000円 大・高校生:800円 中・小学生:600円(土・日・祝は無料)
閉館1時間前より半額
東京オペラシティアートギャラリー (東京オペラシティタワー3階) 

気にはなっていたところに、同僚が「凄っくいい!!、俺はもう1回行くよ、絶対」と絶賛するし、気がついたら終わっていたということにならないよう、思い立ったそのとき。
行ってみました。

ヴェルナー・パントン氏の代表作はなんといってもパントンチェア。

知らない人でもどこかで見たことがあるか、座ったことがあるんじゃあないかなあ。造形を工業生産的に実現するためにはそれを支える材料と生産技術が必要だ。まさにデザイン。パントンチェアのデザインに、量産にための技術が追随できなかった初期から、現代バージョンへと時代の変遷を見るだけのも興味深い。

今回の企画展は、パントンチェアのみならず、パントン氏の色彩とフォルムを駆使した独創的な空間造形の世界をまさに肌で実感できる回顧展だった。

シンプルな幾何形態のモチーフやディティールへのこだわりは、流石デンマーク出身の北欧デザインの流れを汲んでいると思えるのだが、アンチモダンとも言えるデザインは、楽しさや心地よさを優先させていて、展示会空間としても面白い。

展示会場ではぜひコートを脱いで、体感してください。ぜひ、脱ぎやすい靴もお忘れなく。

ちなみに、金曜は19時を過ぎると入場料が半額の500円になってお得です。その得で、結局 パントンチェアの1/36フィギュアを買っちゃたんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

MUJI 新宿

Dscf1662 Dscf1665
Dscf1683

Dscf1668 Dscf1675
Dscf1677

同じ新宿三丁目駅徒歩1分でも、新宿通りに面した 無印良品 新宿店ではない。
7月26日にオープンした東京ミッドタウン店に続く世界ブランド MUJI の新しい旗艦店である。渋谷から副都心線の急行に乗ってしまえば、わずか5分で新宿三丁目駅だ。ホームにも改札にも目指す新宿ピカデリーの表示案内がまだない。新宿三丁目交差点の交番に掲げてある地図にテプラで付けたばかりの表示を見つけた。「MUJI 新宿」は、靖国通りに面した新宿ピカデリーというシネコンの地下2階から2階までの4層を占めていた。有楽町のように元宝塚劇場をリノベーションしただだっ広くて天井の高い2フロア形式や 東京ミッドタウンのように開放的でショールームのような佇まいとは異なる、新しい空間だった。4層がスキップフロアのようになっているので、界隈を巡るような感覚で変化があって楽しい。店内は大型店舗限定ブランドの衣料品「MUJI LABO」や家具「REAL FURNITURE」をはじめ、「MUJI LEG」という靴下や靴といった足回り商品を集めたコーナーも初登場していた。なんといっても地下の「Cafe&Meal MUJI」はワイングラスのシャンデリアをシンボルに、ナチュラル感を強調した無垢の木だけの内装と家具が非常に落ち着いた雰囲気を醸し出していて、心地よかった。

どちらかと言えば猥雑な街である新宿の中にあって、非常に端正な外観のシネコンとともに、新しいMUJIの発信基地としてシンプルで開放的、近付き難い高級感ではない親しみやすさもある、新しい無印を感じる店舗デザインだ。
狙いである、卒業”した30代以上の無印ファンの呼び戻しに繋がるのか!?
大人になって「高くても良いものがいい」と考えるようになって離れたファンを呼び戻す作戦のようだ。伊勢丹お買い物したついでに30代、40代の男女を立ち寄らせることができるだろうか・・。
ここでしか買えないものも揃えるらしいので、しばし、注目してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

粒盆栽

Dscf7697

同僚からいただいた粒盆栽
命名者ご自身から直々にいただきました。

昼休みにミーティングテーブル 背景は艶消しのホワイトボードでパチり!

今日は我がデスクの横で鎮座。
見事な枝振りに小さいながら見事な存在感。
まさに小宇宙。

これから毎日 お世話します。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

Dscf6722

今、興味のあること。
次のライフステージでどう暮らして行くか。
郊外の緑と利便性を兼ね備えた今のマンションに住み続けるのか、
土地を探し、建築家に依頼してこだわりの一戸建てを手に入れるのか
都心の中古マンションをリノベーションしてしまおうか。

社会環境や今の仕事のこと、
子供達の未来、自分たちの両親のこと
条件がどんどん変化して行く中で決め手などない。

自分たちが歳を重ね、
人口が減り、
住宅が余剰することだけは確かだ。

今とは価値観も変化し
多様な選択肢が増えていく中で
少しずつ、あーでもないこーでもない、と考える事自体は楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧