2012年8月12日 (日)

夏休の宿題

Dscf6917

我が家の家族アルバムは、私が結婚してから1年分を1〜3冊に纏めてきている。
1990年から1999年までは上の画像のカラーのアルバム。
21色あるというので21年間は大丈夫だろう、とこれに決めてせっせとアルバム数を増やしてきた。が、なんと10年目にしてメーカーが倒産。製造中止になってしまって手に入らなくなった。
1999年の途中から上の画像の下にある、ちょっと無機的で事務っぽいが、無印良品のアルバムバインダーにしてみた。これならロングライフ商品になるであろうという期待。
以降せっせと13年間。と思っていたら、2008年以降はポケットアルバムにプリントを入れたまま、家族アルバムにまとめるのをさぼっていた。いつかいつか、と先送りにしてもう4年。

この夏休みの宿題として2008年から2012年まで、5年分の家族アルバムを作った。

結婚以来、22年間35冊の家族アルバムが繫がった。ホッ。

そうだ、2004年の夏の家族旅行は北海道に行った。長女が中学生になった年。そこから旅行の写真はデジカメになった。デジカメで撮った画像はパソコンにいれてしまう。フィルムカメラで撮影すると現像に出してプリントしないと見れないから、そのままプリントから厳選してアルバムをつくっていた。デジカメにしたその年から旅行ごとにフォトブックというのを試しに作り始めた。iMacのiPhotoからフォトブックを開いて、画像を流し込めば、それなりにレイアウトしてくれるのに驚いた。注文したフォトブックは1週間程でドイツで印刷製本されて届いたのにまず驚いた。画質はオンデマンドプリントの品質がまだまだだったので満足とまではいかなかったが、夏の思い出を1冊に纏める記念としては十分だった。今から8年前の話だ。

2008年は次女が中学生になった年。子供達が小学生を卒業してしまうと学校行事や家族のイベントで写真を撮ること事態が極端に減少してしまう。子供達は友達同士の行動になり、時間や都合も合わなくなり、そもそも写真を撮られるのをいやがる。
家族アルバムを作るモチベーションが下がったのも何となくうなづける。

Dscf6940

もう少しお手軽に品質もよく、とうことで当時はまだデジタル画像を纏めて1冊にするというビジネスでは先駆的だったPhotobackというゼロックスプリントでCDサイズのフォトブックを注文してみた。これが記念としてよかった。
以来、イベントごとにデジカメで撮影した画像はPhotobackに。

今年の夏の旅行も「国宝三昧 2012」として注文、先日届いた。

写真、というのは自分でその時空を切り取る作業、それをリアルに手元に残して皆で眺められることが大切だと思っています。
ただ、デジカメはついプリントし忘れたりしてしまう。
ちょっと意識して習慣は継続していきたい。

ちなみに作業中、リビングに散らばった過去のアルバムやプリントを妻や子供たちがちょっと拾って眺めているだけで、この時はああだった、これがきっかけで、、、とたくさんの話題が。。

やっぱり写真を眺めると、いい時間が流れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

Dscf9307

新しいコンパクトデジカメを買いました。
ほんとは8月の頭に発売を期待していたのだが。。。。

まだ使いこなせないので、しばらくは今の愛機と併用。

Dscf0002

私の初代デジカメは2005年7月8日に購入したFinePixZ1。
このブログには購入1周年の2006年7月18日に登場

しかし、その年の10月2日、カメラを構えたまま池にはまったときに地面に叩き付けてしまって破損。あ、自分もズボンが破れてずぶぬれになったけど。

しばし、FinePixF810を借用していたが、12月8日にFinePix F31fdを購入した
上の画像がそれ。これが名機でして、解像度も画像も美しい、ボケ味も美しい。
さらに電池が長持ちで1週間くらい平気。
このブログの画像を見た方から、カメラは一体何を使っているんですか?という質問をしばしば受ける。デジタル一眼だと思われているらしい。
FinePix F31fd のみ コンパクトデジカメのみですよ、というとたいてい驚かれる。
コンパクトデジカメの中でもその筋では名機の誉れ高くて、中古でも入手が難しいのだそうだ。
ほぼ365日毎日鞄入れて持ち歩くことほぼ4年。よく使いました。
昨年あたりからCCDに致命的なシミができた。だがらブログ画像も16:9にトリミングしています。その後、グリップのゴムが何度もはがれたりと、そろそろ寿命だった。

で、最厚部はほぼ同じながら、15倍ズーム、一眼レフト同じオートフォーカス機能を供えた瞬速フォーカス、EXRという絵作りが大きな特徴で、オーセンティックで精悍なブラックの外観とグリップの握りやすさが気に入って新製品であるFinePix F300EXRを購入。

Dscf9309

明日からいろいろなシーンを様々な機能を試しながら楽しく撮っていくことにします。。

でもやっぱ、上の画像だけでも F31fdの画像は綺麗だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

iPhone 3GS体験

Dscf6184

iPhoneを使い始めて、ちょうど1週間が経過した。

もうちょい先の予定だったのだが。。

セカイカメラの無料ダウンロードが始まった週末に購入。
そう、セカイカメラとTwitterを体感してみたくて購入に踏み切ったようなもの。

まずはiMacG5にしてからしばし停止していた自宅のWiFiを復活。

月曜日のお昼休みにSempleで、"HEY-SIGN"のメガネケースをiPhone用として購入。
ケータイ電話としてまだ使用するINFORBAR2とお揃いで、色違いにしてみた。
なかなかいい! とかなり満足。

iPhoneのタッチパネルのUIを最大限に生かしたことで大人気の辞書アプリ「大辞林」が、2009年度グッドデザイン賞を受賞したことを記念して、 通常2500円のところ10月1日から10月末日まで1500円で販売しているというので、初有料アプリとしてこれもゲット。
紙の辞書のように新たな発見に出会えるよう、パラパラめくいながらさがす、検索した語の説明文の中からさらにわからない語にさくさくとぶという、「ことばの海」を漂う操作感に子供達とともに感嘆の声をあげる。

セカイカメラ、近所じゃあほとんど何もタグはないが、金曜日の帰に表参道から渋谷まで歩いてみたら、  ちょこちょこある。雨が降っていて、傘をさしながらiPhoneをかざして歩くのはちょっとつらいのと、かなり怪しい姿のでほどほどにしておきましたが。

音楽系もmini pianoの2オクターブ版をゲット。
たまたま次女がiPhoneを触っていて、TENORI-ON(岩井俊雄とヤマハの共同企画)とそっくりの無料アプリ TonePad を発見。
機能は少ないので、12万円の楽器のようにはいかないが、十分に楽しめる。

まだ基本操作、基本設定すら十分じゃないんだけど。
これは 当分いろいろ探検できます。

4年間使用してきたiPodは、MDプレイヤーを使っていた長女に。
新しいイヤホンと 4年前のイヤホンの性能差にこれまた驚く。
ほんのわずか小さくなって、音質のダイナミックレンジが全然違った。

Dscf6188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

iPhone 3G ちょっとだけ体験

Dscf1472

iPhone3G 買いました。

嘘です。

地元のSoftBankショップで触り倒してきただけです。

小さな地元のショップでも発売初日に早朝から並んだ人がいて、整理券を出した分で完売したそうだ。私は発売当日の朝、新横浜のビッグカメラの様子を8時前に覗いたのだが、10時から整理券配布、11時50分に抽選しますので近隣の迷惑になるので並ばないでください、という貼り紙があるだけで、誰もいなかった。

今日はほとんど人がいなかったので、デモ機を触りながら店員さんとゆっくり話ができた。
昨日、王様のブランチで谷原章介が操作している様子をテレビで一緒に見ていた次女は、私が店員と話している横でドンドンGoogle mapで自宅の航空写真を呼び出して、拡大したりして遊んでいた。妻も初めて見るインタラクションと鮮明な画像が印象的だったようだ。私は、早速独自の日本語入力方式を試してみた。

我が家全員auで家族割りで縛られているし、遠くに住む両親も昨年末から始めたCメールにやっと慣れたところだから、SoftBankに乗り換えるのはできない!なんていうのは言い訳にすぎないことがわかった。
結論からすれば、ケータイではないですね。
2年で20万円のローンを組んで今までに無い新しいネット端末を1台買うといった感じでしょうか。

「日本では片手でキー操作できる携帯端末に慣れている」などと下からあがってきた言い訳を鵜呑みにしてトップがのたもうているメーカーはヤバいでしょうね。確かに「ワンセグ」や「おサイフケータイ」、トイレに落としてしまっても5000円で新品に交換してくれるなんていう安心保障などのサービスが当たり前の利用者や、バッテリー、充電器の共有化に励んできたメーカー、キャリアのiPhoneに流れないという見立ては正しいでしょう。

トイレに落としたり、曲げたりしたら新品を買わねばならないし、バッテリーが駄目になったら、外装をいくらカスタマイズしても新品になって戻ってきてしまう感覚は apple user でしか理解できないかもしれない。

携帯電話の契約者数が飽和状態と言われる中、買い替えではなく市場が拡大される、いや新たに開拓されるものすごいことが起こるのだと思う。 ケータイを持っている人がネット環境を活用した新しい体験をしたくてそのためのツールを契約するということなのです。
そこをきちんと認識しないと会話が噛み合わないと思う。

INFORBAR2  利用者の私は買い替えはしません。
しかし、iPod touchの購入を先送りにしてきた理由は  iPohone の日本発売があるからだった。

新しい体験を享受するためには、2年で20万円の投資をすることになる。
現実に家族4人で1万円/月の携帯電話代が倍になることで、家計を圧迫する勇気もいる。
あ、ケータイじゃないね。ケータイはそのままで新しいネット環境をさらに手に入れるためにだ。

さて、どうする!?

明日、会社に行くと多分数人が手にしていそうな予感だ。
先週末、初めて一緒に呑んだ勤め先の技術系の人たちは、驚いたことに私を含めて5人のうち4人までが自宅でMacユーザーだった。(合成化学系の人は 昔とあるソフトを使うしかなかったのでMacユーザーが多いと言っていたが・・。当然今は会社ではWinでないと仕事になりませんが)。iPhone3Gの話題になって、そこでも数人は買いそうな勢いだった。

お店によって店員さんの知識レベルやトーク内容が少し異なっていたのが興味深かったが、今月中に第2ロットが入荷するらしい。予約も建前は受け付けていないが、ほんとうに欲しいなら手に入れることは可能だろう。
鬼が大笑いするが、WWDC2009では、マルチタッチインタフェース技術も大幅に進化するだろうし(MS7との対決しなくてはいけないし)、初期ロットはよくない、なかなか手に入らない、ということを理由にしばらく悩むことにしよう。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

独り負けの反撃

Dscf0940

あれっ? 7月1日からじゃなかったっけ?
DoCoMo から docomo へ。
ブルー(DoCoMoは黒ですが)からレッドへ。

グラフィックデザイン界の天皇とまでいわれた亀倉雄策氏のダイナミックループは衝撃的だった。電電公社の民営化による内部職員のための意識改革、体質改善がCIの最大の課題であったはずだ。だから NTTというと、どうしてもコーポレートカラーはブルーの印象が強い。

DoCoMoというネーミングは au のネーミングも手がけたZYXYZの案だ。
DoCoMo のロゴデザインは CIの大御所 PAOS だ。
そうそう、au のコンサルをしていたのは 確かPAOSから独立したAXHUM
通信業界も狭い範囲でCIをやっているようだ。
auのロゴデザインは グエナエル・ニコラだったけど。
今回は電通のブランドクリエーションセンターの仕業なのかなと推察している
NTTからのさらなる脱却を目指しているのかな。

一昨日は小田急の車内吊り、昨日は渋谷駅の東横線ホームで、新しい交通広告に気付いた。
4月18日の発表以来、あちこちで話題にはなっていたが、もう切り替え開始か。
ロゴデザインは Kodak  Xerox など 最近、起死回生を狙ってロゴ変更した米企業と同路線だ。

Dscf0941DoCoMo2.0」始動。とクリエーティブエージェンシーにTUGBOATを起用して、 浅野 忠信、長瀬 智也、瑛太、土屋 アンナ、蒼井 優・・・ 蒼々たる出演者による大々的なキャンペーン展開で反撃ののろしをあげたはずだったが・・。「マーケテイング/宣伝広告戦争」の話題性、注目度は十分だったが、本当にお客さんを向いていなかったと、今頃気付いたのだろうか。。
現状の店頭のカタログは、まだ8人が表紙を飾ってはいるが、コーポレートカラーの「レッド」のみを強調しながら、ロゴは何とも中途半端な墨一色の何とも特徴のないひどい状態。まだまだ変われていないようだ・・・。

2008年3月期連結決算は減収増益だったという発表があったばかり。新規契約数の減少に伴い契約時の販促費が減ったことと、秋からの新販売方式による端末の販売奨励金の損失がなくなった結果、利益が増えてしまっらしい。独り負けと収益構造の変革が幸いした訳だが、他社対抗のために導入した家族間無料などの新たなサービスで通信料金が下がり、ますます減収になることは目に見えているのだろう。「小さなものから、あっと驚くモノまで用意している。夏から秋にかけて、目に見えてくるものもある。」という記者会見の具体的な内容を披露する前からアピールしていかねばならぬほど、切羽詰まっていると受け取れてしまう。

すでに海外で発売されていて話題になっている“THE PRADA Phone by LG”が6月に日本で10万円で発売されると、昨夜ニュースで放映されていた。3インチタッチパネルのブラックフェイス、54×101×12.7mm、重さ92gというスタイリッシュな印象。切れ目の無い話題つくりに熱心なようだが、結局は散漫な印象が拭えない。

次の注目は、切り札である iPhone を docomoから発売することができるかどうか、というところだろう。docomoであろうと softbankであろうと あくまで Apple  の iPhoneなのでサービスは変わらないし、(i-modeはできないから) あとはキャリアが Appleの条件にどこまで耐えられる体力を持っているかの勝負だけだと思う。(私はauユーザーなので、ちょっと負け惜しみの発言であります)
6月のWWDC08で発表されると噂されているGPS付き、ブラック外装の「3G iPhone」の行方はいかに!?「携帯電話を再定義」したiPhoneが、日本のキャリアに福音をもたらしてくれるだろうか。

docomoの新しいキャンペーンのタレントは成海 璃子、堀北 真希、松山 ケンイチ、堤 真一、爆笑問題だ。この布陣は電通が今回のキャンペーンコンセプトのターゲットユーザーに相応しいですよ、とお薦めしたのだろう。これなら白戸家のお父さんに対抗できますよ,誠実さをアピールできますよということだろうか。新社長は「新規顧客を追うよりも今までのお客様を大事にします」という攻めから守りの発言。「携帯電話はキャリア主導の時代からユーザー主導の時代へ」ということで、新キャンペーンの目的は、顧客との繋がり、絆を大切にすることだそうだ。今日から新しいサイトもオープンしている。
ロゴ変更や宣言など、メディアを通じての意気込みは感じられるのだが、端末やサービスなどでユーザーに「変わった」と実感させることが何よりも大事なはずだ。

今回のドコモの転機は、顧客を向いているのではなくて、顧客を向こうよ! というあくまで社内改革のようにしか私には見えない。
NTT民営化と同じように、課題解決にCIを活用したということか。
それほどに危機感の現れと捉えることができるが、さて今回のCI変更、吉とでるのか!?
でも その社内改革によりKDDIとsoftbankも一緒になって本当の意味での次元の違う戦いが始まり、顧客に向いたサービスが実感できるようになっていれば、それは結局ユーザーにとってもいいことになるはずなのだが。

他人事ではないのですがね。最近CIを替えた会社に勤める私としても。
成功体験をした人の習慣や意識を変えること、会社の文化を替えていくということは。
ふぅ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月10日 (日)

ケータイへの愛着

Dscf0085

ドイツのHEY SIGNがデザインしたフェルトシリーズのメガネケースに
INFOBAR2を入れて持ち歩いている。
ストラップは画面クリーナーとして使える深澤さんデザインの±0の1/6雑巾。

かわいがってます。
愛車、とか 愛機 とかあるけど
道具を愛でるとはどういうことか いろいろ考える。

そんなに遠くない時期に まもなくsoftbankと ドコモから
iPhoneが発売されるらしい、 ということを知って あえてau を継続である。

日本ではワンセグやおサイフケータイのような高機能がほぼ標準で、それがついていることで端末が売れる、という構造だ。だから、キャリアと二人三脚で開発を進めて来た内弁慶の日本の端末メーカーには大いに驚異のはずだ。また、キャリア自身が iPhoneにこれらの高機能への対応を図るようアップルに働きかけることも困難だろう。なにせ、コンセプトが違うのだから、そんな余計は開発コストのかかることをジョブスが認めるとは思えないし、キャリアもそのコストを負担するほどの余裕も無いはずだ。
それに、通信料競争や端末価格競争の中で収入源をコンテンツ収入に頼りたいばかりに、i-mode、LismoやNapsterでユーザーを囲い込んできたのに、Appleが構築してしまった音楽と着信音を販売する究極の垂直統合モデルで、コンテンツ収入も得られないのにインフラばかりつかわれ、さらにAppleに上納金まで納めるような iPhone に本気で取り組むのだろうか。
一人負けのドコモにとっては起死回生のイメージアップとMNP逆流を狙っているのだろうが、ビジネスモデルの大変革を伴う前にリスクはどう考えているのだろうか。
ソフトバンクは何だか、それ以上のことを考えていそうで、どう出てくるのか、興味深い。

これをきっかけにSIMロック解除のニーズが高まって、iPhoneショックを受けた日本の各メーカーの端末がマルチキャリア利用可能になる時期が早々に来る、なんていう大変化が起こってしまうのかもしれない。
それならそれで横並びでケータイ鎖国だった日本が、 ユーザー視点に立った商品開発でメーカー同士の良質な競争が起こる、なんていうイノベーションをもたらしてくれるじゃないか、
なんていう期待をしてしまう。

私も愛読しているブログ"Life is beautiful"の「Steve Jobsとドコモの中村社長との会談を想像してみる」はわかりやすくてウイットに富んでいて素晴らしいです!

ドコモとソフトバンクの iPhone 争奪戦、しばし傍観です。

私は 「携帯音楽プレーヤー」としての iPod touch の次なる進化が実は楽しみなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

会場限定

Dscf9408

会議が白熱し(議論が平行線!?)
15分のインターバルでクールダウン。
その合間に”「INFOBAR 2」を体験できるタッチ&トライイベント
『au design project museum』”へ。
ワンセグとLISMOのデモで操作性やら音質、有機ELの画質チェックしたら
プレミアムグッズがもらえた。
いや〜〜、気分転換してさらに得した気分になって
再び会議に参戦。

自宅に帰って INFORBAR 1 に もらった
INFOBAR 2 フィギュアストラップ つけてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

1周年

Dscf9937

このblogの写真はすべてこのデジカメで撮影したものだ。
(この写真だけは違うけど)
ストラップは、ちょっと年季が入ってます。
ネット限定発売だった、デジカメ専用のSOMES  のものです。
数年前に買いました。

このデジカメを購入したのは昨年の7月8日、
毎日、鞄に入れて持ち歩いて撮り続けていたら,ちょうど1年と10日で連番が9999になって、追い番が無くなりましたの表示が出た。
ちょうど1万枚分のシャッターを押したことになる。
感慨無量・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ケータイ 2

Dscf6817

我が家の2代目のケータイであり、今だ現役で妻が使用しているケータイが、写真の2001年に発売されたソニー・エリクソン製携帯電話の第1号機「C1002S」 である。

今でこそケータイの色を選択したり、こだわってみたりするのは当たり前のようになっているが、女性用ならピンク、男性用は黒、ビジネスマン用には シルバー、といったステレオタイプで堅実な配色が常識だった時に、「着せかえパネル」という機能以外の「形がいい」とか「色がお しゃれ」という持つことを意識したファション性のある選択肢を用意してくれた唯一のケータイだった。

この一つ前の使用していたIDOのバー型のケータイはSONY製で、まさにシルバーとブラックで構成されたソニースタイルの外観を備えたデザイン、そして当時一世を風靡した文字変換がクルクルピ!のタイプだった。しかし、cdmaoneはもう使用できなくなるのでなかば強制的に機種変してください、ということになり、同じ文字変換がクルクルピ!のタイプで、それまで存在しなかった鮮やかなオレンジ色の新鮮な印象とスタイルの良さを気に入って、このモデルに機種変をした。

ソニー・エリクソンが設立されて、初めて市場に導入されたモデルだった。まさにソニーが日本で築き上げてきたアイデンティティと、エリクソンが世界で築いてき たカルチャー、それらが合わさってソニー・エリクソンが誕生したことを物語るように、新しいブランドイメージや価値観を表現しよう、と意気込みを感じる潔いデザインだと思う。

私のINFORBAR とともに、このC1002Sも、多分ケータイの歴史に残る機種となると思う。デザイン性に優れたケータイは持っていて気持ちのいいもので、多少機能が劣ろうが、電池の持ちが悪かろうが、大きな不便さえない間は、ごく自然に長く持ち続けたいとものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

ケータイ

Dscf6845

私が使用しているケータイは、INFOBAR の錦鯉である。

「au design project」の製品化第一弾としてお目見えしたのが2003年10月31日。深澤直人デザインの本体と佐藤可士和のプロモーションによるコラボレーションはセンセーショナルだった。
これはケータイの歴史に残る出来事だと確信をして、ちょっとロットが落ち着いてから買った。

「子供がレゴブロックをいじっているところで思い付いた」というタッチパネルのデザイン、深澤さんとアシスタントとの間の言葉だった「錦鯉」を佐藤さんが「面白いからこの商品名にしませんかって提案して実現したなどエピソードは尽きない。
タイルボタンの部分を取り替えることで、オリジナルのケータイがつくれるというコンセプト段階のアイデアで佐藤可士和はすでに「ひまわり」「さくら」というバージョンを用意していたんだそうだ。

そんな深澤さんの想いをストレートに表現したCMとパンフレット、商品パッケージ・・。実は今でもパンフとパッケージは手元に残してあります。

これを使用しているヒト、みんなの悩みは共通していて、電池の消耗だ。
1日持たない、メール数通でやばい、通話しちゃうと残量マーク1個になっちゃ、などなど。電池交換だけで5000円、今更ださださケータイにわざわざ機種変したくないし、Talbyもいまいち使いにくそうだし、という間に時間ばかりが経ち、電池は弱っていくばかり。

とうとうドコモから佐藤可士和デザインのケータイ   でちゃったし。
佐藤卓さんのケータイは、プロダクトというにはまりにもお気の毒でしたが、今回もNというメーカー色が抜けきれない表層デザインにとどまったような印象だ。
クリエイターのよさをメーカーの制約でしばってしまったんんじゃあないだろうか。少なくとも、既存のドコモのなかでは、欲しいと思わせるカッコよさは十分に備えていると思が。

で、neon
居心地のいいケータイ。というキャッチコピー。
今回は折りたたみ式ながら、ヒンジやら、それぞれの厚みが異なるコトで生じるバランスを見事に解決している。抜き勾配なしの完全垂直だから立ててもピシッと安定してるし、折りたたみから開く時も厚みの違いを解決する黒いキー部のへこみが手がかりとなっている。
ミニマルなデザインを細かな配慮と両立しながら実現している。
が、あの厚みはどうだろうか。

少なくとも、今、買い替えるなら筆頭の候補であることには間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)