2012年5月21日 (月)

金環日食

Img_1898

今朝は金環日食だった。
上の画像は、大学時代の同級生の増井誠一郎くんが撮影した画像。
金環の瞬間をアップにした画像は多いが大抵リングのアップばかりだ。そんな中で、雲がいい具合にフィルター代わりになって、手前の木立と広がった雲の表情などのコントラストがとってもいい。
facebookにアップされた写真をシェアして、本人が自由に使っていいよ、というのでこちらでも紹介させてもらった。特別に準備していたわけでなく、都内中野区の自宅バルコニーからSONY NEX-7(APS-C)、200mmで撮影したそうだ。

Img_1894_2

事前情報で自宅から数Kmのすぐ近くを中心食線が通るという好条件だと知る。6時18分頃に右上から徐々に欠ける日食がスタート。最大食は朝7時34分頃。金環食継続時間は5分04秒程度。リングの均等度合いは98.9%前後と、真円のリングが楽しめるという。リングが見える頃、いつもならちょうど最寄り駅から地下鉄に乗る時間帯だ。
朝、起きて南西側は晴れているのに、ベランダから北東方向の空を眺めて見たら、曇が広がっていていたのでこれはだめかなあ、と。でも時折雲が薄れて、その薄い雲がフィルター代わりになって肉眼でちょうどいい具合にちらりとかけ始めた太陽が見えた。

北西を向いた寝室の窓からマンションの隣接した公園を見てみると、朝から数人だった観察するご近所さんがいつのまにかかなりの数に。上の画像は7時25分頃。
駅の手前で空が広く広がっているところがるあから、ちょうど7時35分過ぎにそこを通って金環をみてからすぐに地下鉄に乗る算段をした。だって、金環を見終わってからだと、多分電車凄く混むだろうから。

Img_1897

自宅のあるマンションと駅の間には大きな広場が広がる公園があり、とても見通しがよいので、犬の散歩ついでにそこに留まっている人とか、家族連れ、友達同士の小学生など想像以上の人達が観察していて普段とは違った雰囲気で賑やか。小学校の先生も巡回している。学校から観察を薦められたのかな。座って観察できるベンチは満席(笑)。
ちょうど駅の手前で緑道が、歩道橋になったところも見通しがよくて、人がたくさんいた。
ちょうどそこで、観察していた子供達や周囲から「わっーー!!」と大歓声が上がった。
それまで厚い雲に覆われてた太陽が、一瞬だけ顔を覗かせ、見事なはっきりとしたリングが雲のフィルター越しに見えたのだ。はい、私も見ました。急いでiPhoneを構えて何枚か撮影したけど、露出がうまくあわなくて白飛びしてました。
でもちゃんと目撃!

12月10日にあった皆既月食も寒かったけど,夜、家族で公園でご近所さんと夜空を眺めた。
2009年7月22日の11時頃、東京で部分日蝕を見ることができたときは、
朝からの土砂降りでちょっと無理かなあとは思いこんで机で仕事をしていて、お昼休みに外に出てみたのだけれど雲が広がって見れなかった。ちょうどその時間に外出をしてた同僚が雲が薄くなったときに雲がフィルター代わりになってコンパクトデジカメでも奇麗に撮れた画像を見せてくれた、その時のブログ「日食に思う」はこちら

次回、日本での金環食は2030年(北海道)、皆既日食は2035年(北陸~北関東)だそうだ。
13年後ね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

再現不能

Dscf3627

本日の18時58分頃の自宅の窓からの北西の空。
光源としての太陽が存在しないことで限りなく影のない日没後数十分の状態のことをマジックアワーと映画や撮影業界で言う。一日の中で、自然の風景を最も美しく映し出すことができるから。
赤みから青みへと移ろう空の変化がもう言葉では言い表せない美しさだ。
今日は特に中間の紫の空気感、色合いが素晴らしかった。
こういうのを眺めてる数分間だけでも気持ちが自然の雄大さに癒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

雲の表情

Dscf3386

急に薄暗くなり、冷たい風に雨の匂い。雷鳴が聞こえたので窓の外を眺めてみたら、恐怖映画にでてくる様な黒い雲が一カ所に集まって、ものすごい雨を降らしているのが目で見える。
カメラを持ち出して撮影をしてみたが、絞りがなかなか難しい。暗くてノイズが多くなるし。
インターネットで雨量情報や雨雲レーダーを調べてみると,17時30分過ぎに発生して急速に発達した所沢方面と調布方面のゲリラ豪雨のようだ。

Dscf3372

今日は雲の表情が豊かだなあ、なんて空を眺め、15時過ぎに偶然同じ方向の空の写真を撮っていた。わずか2時間ちょっとの間の変化だ。

Dscf3371

未明はバケツをひっくり返した様な豪雨だったのが、明けて曇り、お昼頃には青空が広がり、午後には高いところの雲と、低いところの雲が重なり合い、遠くには絵に描いた様な入道雲がモクモクといった具合に、上空は冷たい空気と地表で温められた空気が複雑ば気流をつくって入り組んでいるのかな、なんて考えていたところだった。
目まぐるしく変化する雲と光の変化は写真に撮るのは難しい。

Dscf3370

モノクロにすると私たちが見ているのは光と影が描く美しい陰翳ということがよくわかる。
でも大好きなマジックアワーは、薄く残った赤みに太陽の残存を感じながら、薄やみに広がる青の気配にこれから来る暗い世界への不安を抱くことで、絶妙な色のバランスから醸し出される心理状態に浸るのが楽しいのだ。

今日の日没は残念ながらモノトーンの世界へと誘われ、夜の闇には閃光が光る落ち着かない時間となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

ゆきぐも

Dscf2061

横浜の自宅から夕方東京方面の空を眺めていたら,真っ黒な雲が広がってなんだか垂れ下がっているように見えた。TwitterのTLから東京では雪がちらついていたようだ。

昨年は2月1日に夜8時頃から雪が積もり出したのを思い出した。
降りしきる雪の中、やばいやばいと夜中に帰ってきて、自宅近くででかい雪だるまつくってる人がいてびっくりしたので、よく覚えてる。
大寒から立春までのこの時期が一番寒いんだよね。
関東の雪はこれからあと、水分の多い思い雪が降ってインフラを直撃するのが過去の教訓。
そういえば昨年は桜が散って、ハナミズキの咲き出した4月17日にも雪がちらついた。
異常気象って、メディアはすぐ取り上げるけど、喉元過ぎれば、、がほとんどの人の記憶。
季節の移ろいとして感じておくと、意外に覚えているんもんです。
来週末は立春。春はそこまでやってきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

日の出

Dscf1318

朝焼けは、日の出前の30分くらいの間に変化するグラデーションが美しくて好きだ。
今朝は,雲があったためか、日の出直後に赤く染まった。
日の出の時間は随分と遅くなり、そして南よりになってきたものだ。
今日の横浜の日の出は6時26分。
上の画像は6時38分、我が家のリビングから。
冬至(12月22日)から元旦にかけては、リビングの正面から日が昇るのです。
一番遅い日の出は正月明けの1週間くらいの6時51分。
まだまだこれから遅くなる。
一番早い日の入りは12月5,6日の16時28分だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

秋の空

Dscf0306

十五夜は臨めず。
一気に気温が下がる。
一晩続いた強風が午前中まで残ったが、お昼前には台風一過のアオゾラが広がった。
乾いた空気は秋の気配。

昨日、国勢調査が配られた。さっさと済ませる。

神奈川は郵送または手渡し。東京だけネット提出できるようだが…。それにしても印刷と配布のコストがすごいと思う。さらに総務、厚労、法務、国交各省から地方自治体、街の自治会、管理組合まで無駄の多いつくづく縦割り行政だなあと感じるところあり。配布の現場はほんといろいろたいへんなんだから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

空気がきれい

Dscf9109

通勤電車も街も、お盆休みモードに入って人が少なくちょっと静か。
と思ったら、東京ミッドタウン、国立新美術館あたりの昼間はすごい人出だった。お休みで遊びにくる人が多いんだな。駐車されている車のナンバーも多彩。
台風の影響で、雨が降ったりやんだり。早く流れる雲も高いところと低いところでスピードが違う。車が少ないことと風が強く、雨も降ったので東京の空気はきれいだ。
今日の夕焼け、豊かな表情の雲と、低い雲だけに夕陽が当たって不思議な現象だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

今日の夕焼け

Dscf8641

流れる雲と、入道雲の輪郭が輝いて日没がきれい、と眺めていたら。

Dscf8647

入道雲の影が空に。

Dscf8651

そして日没後10分程のマジックアワー。

夕焼けが何故赤いのか、その原理は身近な光の現象をわかりやすくし詩的に綴っているとても素敵なブログ「ひかりのひゅー」の”夕焼けの夢”でどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

月曜の朝と夕の表情

Dscf8554

本日の青山の夕焼け。
昨夜からの強風と時々降る強い雨、それに強烈な湿気で今日の出張は大変だった。
夕方にはいつのまにか雲がとれて、高い雲。
みるみる茜色に染まる。

Dscf8544

今朝の新幹線ホーム。ジャンプ山積み。
90年代の600万部時代からすれば半減らしいが、まだこんなに売れているのか。
低年齢化しているときいたが、ここでこんな状態ということはターゲットがサラリーマンだから新幹線ホームなんだろうなあ。
こんな分厚いマンガ本、今時の若者はかっこ悪いし重いから持ち歩かないときいた。
通勤電車で観察していてもマンガ本を読んでいる人など最近ついぞ見かけない。
先週の出張時、小田原方面へ小田急に乗っていたらかなり空いてきて秦野辺りでサラリーマンのおじさん二人がマンガを読んでいて、なんだか懐かしいようでホッとしたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

梅雨の合間の夕焼け

Dscf8424

なんだか夕焼け日記になってきた。
昨日は朝、お昼にはかなりの土砂降りだったのに、夕方には雨も上がり日没後は茜色に染まった。この写真は日吉から。

Dscf8427

そして今日も刻々と変化してた19時30分頃の空。
ちょっと広い所で富士山のシルエットをと欲張っていたら、あっという間に色が消えていく。
この少し前はもうちょっと紫色だったんだけど。
富士山はポッコリした影の後ろの薄い方。
朝は霧の中に収まっていたが、お昼には雪をまだらに被った山頂付近がよく見えてました。この写真は足柄(開成町)から。

梅雨の合間に夕焼けが美しいのは、光を拡散する空気中の塵が昼間の雨で落ち、雨を降らした湿った空気の後に乾いた空気が入り込んでくるという条件が揃うから、赤い波長がよく届くのか、なんて考えたりするが。。。

ま、そんなことより 一日の終わりを告げるように、ば〜〜と赤く染まって徐々に色がフェードアウトして行く所が何だか、切なくっていいよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧