2009年11月29日 (日)

完結

Dscf6510

のだめカンタービレが27日発売の23巻で完結した。
表紙を飾る楽器は毎回異なっていて、オーケストラを構成する弦、木金管は出尽くしの感があった。まあ打楽器はかなり種類豊富なのでネタはつきないだろうけど、表紙の楽器を予想するブログもいろいろあった中、結果として最終巻は第1巻と同じピアノ。循環しました。

ミスドが100円だったの土曜日のお昼に行列に並んだら、紙パッケージがのだめとのコラボとかでピアノとドーナッツがシンフォニーとかよくわからん状況になっていた。
12月19日公開の映画、「最終楽章 前編」(後編は4月17日だそうで。)やら第3期アニメやら、コンサートと一気呵成の最後の盛り上げ方が凄いなあ。

そんな中で、ブログ「ブラームスの辞書」さんの「のだめの中のブラームス【30】」というエントリーは、相変わらず超マニアックで凄いです。

全23巻を通じて登場した作曲家の集計が載っています。
ちなみに

  • 第 1 位 ベートーヴェン 100回 
  • 第 2 位 モーツアルト   97回 
  • 第 3 位 バッハ       60回 

さすが ベト7が看板だけのことはある。

このコミックを読んであらためてCDを引っ張りだしてきて聴き直したり、音楽を聴きながらコマ割りを見て感心したり、と新しい楽しみや発見もたくさんあったし、クラシック音楽が身近になった人との会話のきっかけになったりした。

どうもありがとう。のだめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

音楽仲間

Dscf0588

学生時代のオケ仲間で今も親交の深いヴィオラ弾き5名とオーボエ吹き1名と呑む。
場所は先輩が多い時は週4日ランチしていて社員食堂化しているという 小伝馬町にあるこじんまりとしたイタリアンのお店だった。 小伝馬町に降り立つのは生まれてはじめて。問屋街の名残がある小さなビルも多いが、今はオフィス街らしく、夜は居酒屋の明かりが多い。そんな場所には珍しいお店で、とてもリーズナブルでおいしかった。住所は 大伝馬町。

最近、姉妹店が最近オープンしたそうで、 店名は3rd note としたのだそうだ。
第3音。和音の第3音は控えめだが重要な役割。これがフラットになるとマイナーになる。調整を決める音だ。粋なネーミング。ビオラのことみたい。

集まったメンバーは工学部、人文学部、理学部、薬学部、園芸学部卒で 今はフリーのファイナンシャルプランナーに霞ヶ関の役人、 業界団体の理事に研究員と多彩だが、 このときばかりは管弦楽部ビオラ科卒の同窓生だ。
オーボエ吹きの先輩は、実は学生時代クラリネットであり、建築学科卒後大手建設会社に勤めたのにファゴットに転向し、今やプロのオーボエ吹きとして自称「日本でたったひとりのストリートオーボエ奏者」で多くの人に音楽の楽しさを伝える伝道師だ。
同じ釜の飯を食った仲でもあり、先輩は全員早生まれなので偶然全員同じ年生まれ。なので世代的な体験も全く違和感なく、音楽の話でおおいに盛り上がる。

卒業以来今も続く弦楽合奏団が、今年の演奏会のプログラムのひとつとして選んだ曲が武満の曲だそうで、4分の2.5というところがあると嘆けば、 それは8分の5だろうと突っ込む。 4分のπの方が面白い誰かがいえば、それは90度だから簡単だとなる。メインはチャイコのフィレンツェの思い出だそうで、とにかく楽譜をめくってもめくっても音符の嵐で小節数が3桁に及び、譜読みが大変、と今から嘆いている。 ラフォルジュネは今年はシューベルトだからつまらん、 あのザグレイトという交響曲は4桁の小節数があるから「ロング」の方があっているといえば、 「未完成」はシューベルトの唯一の良識だと手厳しい。小さな歌曲がかわいらしいじゃん、といっても、同じ事を何度も繰り返してくどい,と取り合わない。
そうそう、その合奏団ではヴォーンウイリアムスのオーボエ協奏曲という演奏される事も少ない曲を演奏したりしている。そのオーボエ吹きの先輩が、ブリテンのオ−ボエカルテットが面白い、ともう一人のビオラ弾きとしきりにいうんで、今度聴いてみようと思う。

今日の主催者である先輩のビオラ弾きは筋金入りの自称「極端なブラームス愛好家」である。
どれくらい筋金が入っているかと言えば「ブラームスの辞書」という本を自費出版し、そのブログを2005年に開設以来、ブラームスネタで一日も欠かさず更新し続けているのである。とうとう4月3日に10万アクセスを達成、そのお祝いも兼ねての集まりだったのだ。その4月3日はブラームスの命日だったというのも偶然を通り越して、何やら少なからぬ因縁というか、執念すら感じてしまう。

たとえば、のだめカンタービレの20巻発売日の3月13日には、その日の夜までに完読するばかりではなく、ブラームスネタをきっちり掲載している。
それは、182ページの右下のコマに描かれた小さな楽譜を「ラプソ ディー変ホ長調op119-4の冒頭である。」と指摘しているのだ。「あいかわらず芸が細かくて感心した。こんなに小さな楽譜なのに手を抜いて いない。」と作者を誉めているが、あの〜〜、先輩、だ〜〜れも気がつかないような事を見事に言い当てて、スゴすぎるんですけど。

こんな調子なので、アマチュア音楽家といって侮ってはいけません。
音楽を楽しむ ってのは「再生音楽」を聴くだけじゃなくって、
いろいろはアプローチがあるだけど、50近いおっさんおばさん達の学生のノリでのトークは気分爽快だった。
忙しい時程、こういう脳が覚醒するような時間は貴重なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

のだめinヨーロッパ

Dscf9736

朝、雲が広がって寒かったのだが、午後からは日射しが戻り温かくなった。

昨夜の「のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第1夜」は、期待通りの面白さだった。

16:00から放送された番宣番組もしっかり録画し、のだめが投げ飛ばされるシーンの人形や、エキストラのノリノリぶり、プロデューサーや演出家のこだわりのシーンもメイキングで予習が出来た。ヴィエラ役のズデニェク・マーツァル氏がインタビューで「私が指揮よりも役者として演技の方がうまいって、オケのメンバーも知らないんだよ。次はハリウッド進出だね」なんてウイットにとんだお茶目ぶりも面白かった。

そして本編。
キャスティングがまた見事にはまっていて、なかなかいい。
それにしても 指揮者コンクールは見応えがあった。
何より原作に忠実で、さらにロケ場所が凄くて、スケールアップしてました。
連続ドラマより音楽シーンが多かったのでとても楽しめたが、画質や音質も含めて、クラシックファンにも十分な見応えがあるように作り込んであったのも大きな要因だと思う。
撮影や編集に相当の時間を費やしているのだろう。
視聴率が確実に稼げるということで、制作費も大盤振る舞いだったのでしょうか。

原作のロラン役はウィルトールオケの蘊蓄大好きヴィオラという設定だったのが、今回のドラマではファゴット役になっていた。これはカメラ位置の関係なのか(ビオラだと横顔になったちゃうとか、もう1台下手にカメラが必要になっちゃうとか)コンマスのヴァイオリンと弦楽器でかぶるので,同じような内声楽器に振り替えたんでしょうか。ちょっと気になったなあ、ビオラ弾きとしては・・・。

その他、2次予選の間違い探しもドヴォルザークの8番じゃなくてドラマは9番と細かい違いは色々あるけれど、そこはテレビのエンターテイメント性優先ということで。

mixiの1月4日のキーワードランキングも堂々の1位だったそうで、
今日の第2夜はさらに視聴率は上がるのでしょう。
(連ドラの最終回は20%超えだったが、今回も確実に20%は超えるのではないだろうか裏が鹿鳴館なので、ちょっと苦戦か!?)

ちなみに、今回のメインシーン 「プラティニ国際指揮者コンクール」という名前、
若き小澤征爾氏が優勝したブザンソン指揮者コンクールがモデルなんでしょうが、なぜ「プラティニ」?そういえば、のだめが参加したのは「マラドーナ国際ピアノコンクール」。
そう、引退した著名なサッカー選手の名前なんですね。
ちなみにこの国際指揮者コンクールで演奏する「ヴィルトール・オーケストラ」のヴィルトールもフランス代表の右ウイングだそうです。

最後に「砂漠のプロメテウス作戦」で千秋が拉致されたが、そのの実行者の名前は「オリバー」、そうあのドイツのゴールキーパー「オリバー・カーン」からとったんでしょうねえ。

他にも「ブッフォン国際コンクール」とか、デシャン・オケとか、
困った時のネーミングはサッカー選手、とばかりにスタッフにサッカーフリークがいるようです。この「のだめカンタービレとサッカーの関係」については、以下のブログで私も初めて知りました。詳しくはこちらでどうぞ。

「ブラームスの辞書」のだめの中のサッカーhttp://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2005/11/post_648a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

不滅

Dscf5726

のだめ17巻を朝の通勤途中のコンビニでゲット。
帰りの電車の中で読破。

16巻からの続き部分。
ニールセンの交響曲第4番「不滅」の演奏シーンに
ちゃんと聴いてみようと、
帰宅してからごそごそ懐かしのレコードを引っ張りだした。
バーンスタイン/ニューヨークフィル1970年の録音。
バーンスタインが来日した7回のうち
ニューヨーク・フィルを率いてきた1979年の来日記念版だ!

デンマーク好きだからニールセンという訳でははないが
少なくともブロムシュテットという指揮者は好きで
レコードもCDもいくつか持ってるし、
先月逝去されたハンスウェグナーはもちろんアルネ・ヤコ
ブセンなどいわゆるデンマーク家具や
イッタラなどのテーブルウエアも大好きなので
北欧好きな傾向があるのは確かだ。

16巻に出て来るニールセンのバイオリンのパー練風景に出てくる
コンマスの以下のフレーズ、これは見逃せなかったなあ。
「音楽の本質は「調和」にあるのだ。それを表現するのが真の音楽家なんだ。」
その様子をのだめから聞いた千秋の解説
「1500年くらいまえは、神の作った世界の調和を知るための学問が天文学、幾何学、数論、音楽だったんだ。本来「音楽」(ムジカ)とは調和の根本原理そのものを指していて、理論的に調和の真理を研究することが「音楽」だった。」
そしてムジクス(音楽家)とカントル(歌い手)の話になって
「カンタービレ」の語源なんだよ,という話になって行く。
いわゆる「のだめカンタービレ」のネーミングを紐解く、このコミックのひとつの山場だったんですな。

それにしても のだめ、おそるべし選曲である。

土曜日にAVラックとなっている
エレクターを組み直して
DENONのダイレクトドライブのレコードプレイヤーを
ちゃんと聴けるところに置いたのだ。

そうそう、大学生の頃
定期演奏会の候補に推したこともある。
たしか探せばスコアも出てくるはずだが
カンタンには見あたらなかった。

親しみやすそうなメロディと
人間の本質を問うたような題名
ティンパニ−2組の掛け合は視覚的にも面白いが
2管編成で演奏時間30分というのは
メインにはいかにも地味だったな。

が!しかし、レコードプレーヤーは
電源入ったが ここ数年動かしたことがなかったためか
力なく不定期な回転を繰り返すのみ・・・

こうなるとますますレコードを聴いてみたくなる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

のだめのアニメ

Dscf5244
昨夜から「のだめ」のアニメが始まった。
帰宅して、HDDレコーダーが録画になっていたので、何かなと思ってテレビを点けたら、「のだめ」アニメ版だった。

結局,頭を見損なったものの生で全部見てしまった。
その前の晩も 遅く帰宅しておきながらBSの韓国映画を見てしまって、完全に寝不足である。意志が弱いのか(でも、ちゃんと朝6時過ぎには起きてる)好奇心が強いのか、家でくつろぎたいだけか・・。

それはさておき、
ドラマはやはり、音楽シーンの迫力や納得感、表情などがリアルに伝わってきたので、印象が強い分、 アニメはなかなかつらい。
ドラマと同じ音源を使っているのだろうが(フジテレビだし、2台のピアノのためのソナタの間違える場所と音も同じ)、どうしても演奏シーンはそりゃアニメでの再現は大変な作業なのでどうしても少ないし。

なら原作に忠実であって欲しいとも思うのだが、やはり省略されている唐突な場面のつなぎと台詞に脚本や演出の未熟さが目立ってしまうのだった。

とか、言いながらまた見てしまうのだろうか・・.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月11日 (月)

のだめの演奏者

Dscf4715

のだめ 面白過ぎだ

羽田空港は品川インターシティ、
札幌の市場は三浦
コンクールは横浜/青葉台のフィリアホールと
近場でロケですな。

先日のモツァルトのオーボエコンチェルトは
N響の茂木さん池田さん新日フィルの古部さんなど5人が交代で指導し
ピンクといぶし銀は池田さんが吹き分けたんだそうだ。

のだめ・千秋が2台のピアノで
「2台のピアノのためのソナタニ長調」やラフマニノフやピアコンを
弾く場面は圧巻だったが、
この実演奏は、石岡久乃さん・安宅薫さんだそうだ。
プリムローズ・マジックというデュオで活躍しているそうでCDも出している。

千秋役のピアノは清塚信也氏だそうだが、
それにしても
今日のショパンのエチュードを引き分けている影の演奏者は一体誰なんだろう。

音楽監修の茂木氏のブログ
全面協力の都響のHPに指導や演奏の収録の様子が詳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

のだめ効果

Dscf4403

休日の午前中、のだめに登場する曲を我が家の所蔵のCDで聞く。
ラプソディインブルーは バーンスタインのピアノと指揮でニューヨークフィル、
ラフマニノフのピアコン2番は アシュケナージのピアノにハイティンク指揮のコンセルトヘボウ、ベト7はクライバー指揮のウイーンフィルの演奏だ。

いやはや、往年の(といっても20年前だが)名演奏をステレオでちゃんと聴いてみると、もうなんともいえないすばらしい時空を過ごす事になった。
かみさんは、ガーシュインのピアノ楽譜を買ってきていて、子供達はそれをスコア代わりにCD を聴いたり、ピアノの前に座って弾いてみたりしている。
はい、こういう時間を過ごす機会を作ってくれただけでのだめ効果は凄いぞ。

写真は、近所に新しくオープンしたばかりのパン屋さんの店先で。
住宅街にあるので、お散歩ついでに来た人がリードをつないでおくための取っ手のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

のだめドラマ化

のだめのテレビドラマ 第5話を夜 遅くに録画で見ちまった。
視聴率が週を追うごとに上がってるし(今週は19.9%だったそうで)
案の定 アマゾンのクラシック売り上げベスト10の ほとんどがのだめ関係とラフマニノフのピアコン2番だし・・。

とうとう登場した黒木君は達彦さんかよ・・
かみさんと娘が騒いでいた理由が分かった。

来週月曜に撮影される R☆Sオーケストラ初お披露目のシーンの
聴衆エキストラ募集に応募してみるか、とか 冗談を言っとる。
(前回は文化祭シーンは川越だったが、今回は溝ノ口の洗足学園前田ホール)

ちなみに、先週発売になった「のだめオーケストラ」LIVE!"(2枚組)というCDには
最終回に放送されるサントーリーホールでのコンサートシーンのための観客エキストラ「応募券」が初回・期間限定特典としてついているんだそうだ。

と、なんだかんだ結局はまって家族中で楽しんでる我が家です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

のだめ16巻

Dscf3557

昨日発売ののだめ16巻、予約していた限定版が着荷した。
家族は妻も娘達もいたって冷静で
マングースシャープペンシルをもらって喜んでいるのは私だけ。
Amazon限定のうちわは入っていなかった・・と
残根がるのも私だけ。
ちまたではすでに、
このシャープペンの取説がなく、芯の出し方がわからん
不良品が多い、
マングースの左手が親指が手前で変!
など話題になっているが
希少価値というだけで実利を求めるのは野暮というものだが、
確かに芯の出し方迷いました・・・。

5巻の学園祭シーンでマングースの着ぐるみを着たのだめが
ラプソディー・イン・ブルーを奏でる場面でた確かめてみたが
ちゃんと普通に人の手なので、シャープペン製造時のミスですね。

それにしてもTVCMが放映されてしまうというのもすごい。

「ネタわれ」してはいけないので感想は書きませんが、
演奏会のプログラムの全容が16巻の最後まで読まないとわからない、
という展開の凝りように、2月発売の17巻がまた待ち遠しい、
というまんまと罠にはまったようなもんです。

月曜から始まる月9ドラマで 復習をしながら待つことにしよう。
って、これも視聴率を稼ぐための仕掛けにまんまとハマっている。

ブラームスの辞書さんが発売当日に
相変わらずのブラームスのみにスポットを当てた鋭い解説を
ブログに書いておられます。
のだめネタはすでに19回目のようですが
この内容を読んで1コマ1コマあらためて見直すと
なんとこんな背景や伏線がわずかのシーンに織り込まれていたのか!
恐るべし「のだめ」
と新たな発見と鋭い分析に脱帽してしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

のだめドラマ化

6月24日付けのブログに書いた、「のだめオーケストラ団員募集」
CDだから見た目じゃなくて、実力重視かなとかいたんだけど、いつの間にか実力派は録音部ということになって、見た目重視派を別にドラマ部として募集してる。
はい、今日が応募の締め切り日でした。で,来週本戦で、録音部の課題曲はベト7の1楽章だったのが、ドラマ部の課題曲は自由。って課題じゃないじゃん。
結局は8月10日に明らかになった フジテレビの月九のドラマ化のためなんだね。10月16日放送スタート、って、今オーディションしてて間に合うのか。
作者が拒否してドラマ化は一度流れたと言う話だったが、作者本人のブログには信頼できる脚本家と監督、9巻までの日本編という条件で安心して任せられると書いてある。茂木大輔氏と都響、その他が音楽的に全面バックップだそうです。
録音部はアニメ化とCDで活躍するんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧